最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

春へ

今日は、ネットの友達chiyomiちゃんと2 のお友達とお気に入りの「とみやま遊歩道」を歩いて来た。
昨年末から水仙を追い続けて来たが、そろそろ終わりになるかと思っていた、でもこちらの下りの道ではまだつぼみも有るのでもう少し楽しめそうです。
P1280002 P1280006 P1280010






下ばかり見ていたので気が付きませんでしたが、ふと見上げたシキミの木に花が咲いていた。

今日は、こちらへ向かう道の途中で、鉄道(内房線)の線路の横でカメラを構えた人たちが沢山いる場所が有った。
何だろうと話をしていて、そうだ、蒸気機関車が走ると言ってたと思い出した。
やがて大きな汽笛の音。
車を適当な所へ寄せて止めると、間もなく、煙を吐きながらD51が走って来た。
こんなイベントはもう少し先のはずだと思っていたら、どうやら試運転らしい。
それでも人が集まる、人気なんですね。
この列車、遊歩道の展望台で寛いでいると、大きな汽笛の音。
期待して待っていたら、音は大きいが、煙は無し、写真に撮っても何が何やら状態で分からないのは残念。

水仙遊歩道から帰って、道の駅「ふらり」で食事。
の前に野菜売り場を見たいと言うので、寄って見たら、大勢の人たちが野菜や魚の売り場に居た。
やっぱり主婦は野菜を買い込んでしまう。
chiyomiちゃんは帰りは電車だし、躊躇いながらもあれこれ。
ヤーコンを売っていたので、お友達に進めて、大根ステーキも伝授。
皆さんのお宅はしばらく千葉の野菜が並ぶでしょう(^^)

そして、食事、残念カメラを車に置いて来た・・
美味しかったです。
P1280011_2 次に大崩れに行く。
ここには梅も咲き始めていて、春に一歩近づいたを実感する。

今日は鴨の姿が少なくて、餌をねだる姿もあまり見られない。
年末に居たあの鴨は何処へ行ったのだろう〜

そこから、今まで気になっていた町営のお風呂「笑楽の湯」へ行く。
こじんまりして、ひっそりしてて、途中で湯加減まで聞いて呉れた。
割合新しく、気持ち良く入る事が出来ました。
気持ち良くなった私たちは、途中のドイツ村のイルミネーションを見る事にする。
イルミネーションも今日が最終日、好評で期間を延長されたのです。
日が延びて以前より中々真っ暗にならないのですが、皆さんには喜んで貰える。

水仙強化月間も残り少なくなって、今日が最後かなとちょっと寂しい。

2007年1月27日 (土)

高橋 孝

以前、小椋 佳のコンサートに行った時に千葉の出身で津軽三味線と民謡を歌う人が出ていた。
その人を小椋 佳がプロデュースして世に出すと言うファーストコンサートが千葉で有ったので、娘と行って来ました。
と言っても、この事は、ネットの群馬のトラベエさんの所で知ったのでした。
トラベエさんはCDをネットでポチっとして購入したらしい。
私は、チケットをネットでポチッとして予約。
小椋 佳のコンサートの時歌を聞いて、ちょっと不思議なこぶしの人だと思っていたので、興味がわいたのと、コンサートには小椋 佳が来ると言う。
そして、料金は2500円、安い!
1時半開場と言うのでのんびり行くと・・既に長蛇の列
200701271331001 200701271331000 びっくりして携帯で写真を撮る。

そんなに宣伝していたのかしらと思いながら会場に入る。
そんなに前に行かなくても充分よと言う娘の言葉に、真ん中より後方の、更に半ば程の右側の席に座る。
前なら顔が見えるのにと母は若干不満。
ほぼ満席状態。地元だからなぁ〜

何と言うか、和洋の融合と言う感じで津軽三味線も効果的に使いながら、独特の節回しの高音が奇麗に響く。
バックのチェロの音が素敵。ギターも良かった。
そして、2部にはお待ちかね、小椋 佳が万来の拍手の中登場した。
一緒に2曲程歌ったが、圧倒的な存在感でした。
トークも慣れていて、適度に和ませたり、笑わせたり。
小椋佳の退場後は高橋 孝さん自身も、やり難いけど頑張りますと言ってた。
初めてのコンサートで皆さんに来て貰えて嬉しいと、初々しいトークや感じが好感が持てる青年でした。

コンサートも終わり会場を出ると、CDを買った人との握手会をしている。
本人がどんな顔なのか良く分からなかったので、近くで見ようと、ついでに携帯で写真を撮ろうとすると、娘が怒る。
でも、母は何とか撮ろうとするが、残念、どれもボケボケに写る。
しかし、携帯で写真を撮る人が一杯囲んでいる・・娘は更に怒る・・
人垣では無理だしと、写真を諦めて回りを見ると娘が居ない。
こんな所で迷子なんてとあちこち見回すと、離れた椅子に座って待っている娘を発見。
ヤレヤレです(^^;;
背の高い娘は人垣の上から見えた高橋孝さんの事を「ポチ玉」の犬を連れて全国へ行く松本君に似ていると言う。
やっぱり娘だって見ていたんだ・・

CDも良いけど、やっぱり生で見ると言うより聞くのは、どんなコンサートでも良い物だと思った。


2007年1月25日 (木)

再び水仙へ

天気を見てから、水曜か木曜の良い方で行こうと決めていた水仙強化月間第4弾。
予報通りの晴れの天気です。
ネットのお友達SAKURAさんとお友達を姉ケ崎駅で待ち合わせです。
SAKURAさんとは久しぶりにお会出来るので楽しみにしていた。
ご一緒のお友達はカメラが好きでSAKURAさん同様写真を撮る為にあちこちへ出掛けていると言っていた。
ちょっと私の姉に似た感じで、すぐに打ち解けてしまった。

先日のオフと同様に、まず道の駅「ふらり」へ行く。
ここで、お天気が良いので展望台で食事にしようと、お弁当を買って出発。
P1250004 今年は開花が早い、後半組の為に、もう少し待って欲しいと思っていたが、花はちゃんと咲いていて、先日と遜色は無く出迎えて呉れた。
空は雲一つない。
P1250022
風が冷たいと言う予報だったけど、ほとんど感じる事は無く、暖かな春の様。
先日は曇っていたので蜂の姿は見えなかったが、今日は箱の回りに蜂の姿。
水仙の蜜を集めて蜂蜜になるのかな。

P1250023_2 お天気が良いので、今日は山がはっきり見える。
右手に富山。
真ん中奥に写真ではうっすらですが、伊予ヶ岳のとんがりが見えた。

P1250027 展望台へ向かう途中に先日も種類が分からなかった、紅葉した葉。
よく見ると、あちこちに有る。
先日は雨に濡れて鮮やかな色をしていた。

P1250030展望台からの海の眺めは春霞みの様ですが、今日は大島がぼんやり見えていました。
ここで、待望のお昼にしました。

ふらりで買った、山菜おこわと、イワシ団子を美味しく頂きました。
写真を撮ったり、眺めを楽しんだり、暖かくて気持ちが良い。
植物に詳しいSAKURAさんは何種類かのスミレが咲いていると写真を熱心に撮る。
う〜〜ん私等は全てスミレと言っていて、何がなにやら状態。

そろそろ帰ろうかと思っていた時、ちょっと離れた所に何か動物が・・猫?等と言ってましたが、良く見たらタヌキ。
後から来た人たちもワイワイ言う、タヌキはこちらの様子を見てさっさと茂みに隠れてしまった。
残念、静かにして写真撮れば良かった。
P1250033 帰りの下り道では、写真を撮っているとバスで来た団体さんが大勢下って来た。
そろそろ人気スポットになるのかな。

道の駅では、野菜やお菓子や花を買って、次の目的地へ向かいます。
主婦にお買い物は外せない行事(^^)

江月水仙ロードは、歩くにはちょっと長い。
時間が足りないかも知れないので、車でぐるっと回るだけにして、大崩れコースへ。
こちらもあちこちに咲く水仙を楽しんで、良い匂いに包まれて、今日一日幸せだったと言いつつ帰路につきました(^^)
お天気が良くて、メデタシ!

2007年1月20日 (土)

我が家の宝

今日は、我が家のおばあちゃんの89歳の誕生日。
上の娘もやって来て、家族でお昼を食べに行く事にしていた。
この事はあまり早くから言うと、期待してしまうからと、直前まで黙っていた。
今日はおばあちゃん、25日は下の娘、2月になると上の娘の誕生日が来るので、母は纏めてしまおうと考えたのだ。
場所は木更津の港に有る回転寿司。ここは同じ系列でも美味しいと思っている所。
おばあちゃんは魚が好き。長生きの人は魚が好きだと思っていたら、昨年の京都の法事では、肉も好きと言う私たちより年配の人が中々の健啖家だと分かり、どちらが良いのか分からなくなった。
共通はよく食べる事かなと、好きな物を食べられる事が幸せかと思ったりした。

女が4人も集まれば、夫々好きな事を言う、勝手に話をする、纏まりの無い賑やかな一日になってしまった。
おばあちゃんは、我が家にとっては宝物です。
子供達にも私にも、良い時も悪い時も寄り添ってずっと家族として支え合って来ましたが、当たり前の事なので、本人は至ってその自覚も無く、また家族にも日頃はそんな事も考えもせずですから、こんな日に改めて一緒に外で食事でもして和やかに過ごそうと言う事です。
何の事は有りません、美味しい物食べ様と言うだけ。
日頃ダイエットなんて言っても、しっかり食べて、お腹一杯になって、途中でケーキも買い、上の娘がおばあちゃんの携帯を簡単な物に取り替える手続きをして帰って来ました。

夕飯は家で、先日道の駅「ふらり」で買ったフキノトウと庭に出て来たフキノトウを天ぷらにしたりして、その他色々な御馳走を頂きました。
おまけに食後はケーキも食べて、お祝いよりも反省の方が大きい1日になってしまった。
明日からは家族全員本当にダイエット!
Tan

2007年1月18日 (木)

水仙強化月間

千葉の水仙も見頃を向かえています。
今月の私は水仙強化月間、楽しいご案内が続いて嬉しいです(^^)
続くお天気マークの中にぽっかり曇りマークに一部雨も付いてる水曜日、ネットのお友達のあずささんとmimiさん、千春さんとぴとこさんで水仙ロード隊を結成して、アクアラインバスの袖ヶ浦で待つ。

散々千葉の水仙を宣伝していたので、今年の花付きが心配だった。
少し開花が早めでしたが、去年の様な事も無くほっ!
皆さんの予定の調整も上手く行き、初めて会う事でも絶対大丈夫と言うメンバーが私の車に乗れる人数だったのもラッキー。
あずさんとmimiさん組と千春さんとぴとこさん組が今回初対面です。

楽しみでワクワクしてバスを待っていると、ぴとこさんが到着。
思い返すと、1年ちょっと前に会ったのが初めてなのに、昔からのずっと長い付き合いの様な気分で居るのが不思議。
待つ間もなく、横浜からのバスが到着、こちらは千春さんとは初対面のmimiさんとあずささん、バスの中でしっかり交流していたらしい。

心配なお天気も大雨にならず、一部高速を使いながら道の駅「ふらり」に到着。
準備して、出発と言う時になって、千春さんのカメラをバスの中に忘れたと言う。
一同呆然・・千春さんの写真が何時も楽しみな私たちは、一瞬あらゆる事を考える。
こんな時って、的外れな事まで考えていると後になって気が付く。
一番は、カメラを置いた所のバス会社に連絡だけど、って当然すぐ行動を起こして調べる事はした。
その間に、ネットの知り合いのえびさんが山でカメラを忘れ、取りに行った時には無かったと言うのを思い出すし、今回の水仙の千春さんの写真は見られないのかぁ〜っと残念に思ったり、出て来なかったら、千春さんにはショックだろうし、高いカメラだしなぁ〜と今から思うと心配事ばかり・・冷静さに欠ける。

問い合わせしたバス会社の話では、それらしい荷物は横浜の営業所に向かっていますと言う。有ったと分かり、一同安堵して、千春さんに私のカメラを貸して晴れ晴れと出発。メデタシ(^^)

とみやま水仙遊歩道は、先日と変わらず左右に水仙が沢山咲いていて、良い匂いがする。
展望台からはぼんやりと岩井海岸が見えるだけで、ちょっと残念。
下り道は滑りやすく、気を付けていたのに、一瞬のゆるみでスッテンコロリと言うか、ドッシンと転ぶ。
お正月からの美味しい物ですっかり餅腹になり、当然後ろも餅お○○なので、あまり痛く無い(^^;;

ふらりに到着したら、お昼です。
ここは、お魚関係のお店と、総菜屋さんの様な所で、好きな物を買って食べると言う店が有る。
どちらも魅力的、でも、お総菜屋さんは目が食べたくて買い過ぎるだろうと判断して皆で魚料理屋さんに入る。 
お喋りしたり、美味しいお昼を食べて満足。何故か皆さん写真を撮り忘れ・・
次は、鋸南町の江月水仙ロードへ向かいます。

曇り空の天気で人出も少なく、のんびりと散策です。
とみやま遊歩道に比べると、拓けた谷筋の道を緩やかに車道を歩くのですが、田園風景とあちこちに咲いている水仙が、こちらの気分をゆったりとさせて呉れる所です。
こちらのコースのハイライトと言える場所では大きなカメラで写真を撮っている方が居た。
何だか、水仙と私たちにも目線が来てる・・と近づいて行くと、こんな風に写真が撮れたのですが、県の関係で、写真が掲載されるかも知れませんが宜しいでしょうかと聞かれる。
聞くと、「県民たより」らしい。
顔が分からない事だし、別に構わないし、水仙だけより私たちも入る方が賑わいだよね、等とおばさんらしい感想を持つ。
ここも良い散策が出来て、次は大山千枚田。

時間が少し遅くなって、日暮れになる前にと車を走らせて間に合った。
夕暮れで、ちょっと良い雰囲気になっている。
ご近所の方が犬の散歩に来ている。ここは、田植えの後、秋の実りの時と季節によって景色が変わるのでまた行って見たい所です。

そろそろ暗くなりました。
最後のお楽しみとドイツ村のイルミネーション目指したのですが、残念平日なので、臨時休園。
あちこち車を走らせた様に思われますが、わざわざ回ったのでは無く、帰り道の所々で寄り道したと言う程度なんです。
このドイツ村からも袖ヶ浦バス停はすぐ。
名残惜しいのですが、お別れの時。
ここで、夫々の行き先のバスで帰りました。
展望は無かった物の、傘をさす事も無く、水仙を堪能出来て、楽しい1日を過ごす事が出来て本当に良かった。
皆さん、楽しい時間をありがとう〜(^.^)

P1130093

2007年1月15日 (月)

とみやま水仙遊歩道

千葉に住んで忙しい季節としては、晩秋の紅葉から早春でしょう。
暖かくなると、アウトドアでは大嫌いなニョロが出没して落ち着いて歩けません。
今年は水仙が奇麗です。
先週はいくさんたちと楽しい散策でしたが、その時に、ちょっと気になっていた情報をゲット。
早速出掛けて見ました。
大崩れから歩く津森山、こちらは別にレポをアップ出来たらにして、今回は無し。
富津館山道のハイウェーオアシス富楽里(ふらり)と道の駅とみやまが一緒になった所から歩く事になります。
ここは、高速道のSAとして車を置いても、下に降りて外にも出られますし、一般道からこちらに車を置いて歩く事も出来ます。
水仙と言えば鋸南町の江月コースが有名になっています。鋸南町は町の何処に行っても水仙が咲いていて、車で走っていても楽しめます。
その隣町の富山(とみやま)も3年前からこちらのコースを紹介しているそうです。(知らなかったぁ〜)
ふらりに車を置いて、県道89号鴨川富山線を鴨川方面に向かって歩いて行きます。ほぼ1キロ位で、自販機3台置いて有る所が目安で、案内板が有りました。
P1130072 左手の山道に入って行きます。
竹林を抜けると畑が有り、その先に水仙の花が咲いています。

P1130074 P1130079 やや急な階段を登って行くと、左右に水仙が一杯です。



P1130080 P1130083 水仙の向こうには富山が見えています。
良い香りがして、階段も気にならない登りです。

梅の木も有りますから、どちらも楽しめるのはもう少しでしようか。

P1130085 登り切ると、なだらかな道になり、こちらも左右に広がる水仙の畑。
一面に咲いていて見事です。
やがて、展望台への道になりました。
P1130088 広場になった展望台からの眺めは岩井海岸が見えて、夕日が海を照らしていました。
中々良い眺めです。
風も無く、穏やかな海は春の様でした。
霞んでいるので、富士山も残念、お姿見せて呉れません。

ここから少し戻って下りになりました。
P1130092
下り坂も左右の水仙の見送りです。
水仙が終わり、杉林、竹林を過ぎて、イチジク畑を過ぎると民家の横に出ます。
そこからは県道です。
程なくふらりが見えて来て、のんびり歩いて1時間位でした。
この道の駅ふらりは高速バスへ乗る人の駐車場も有りました。
千葉から野島崎灯台までのバス便の情報も有りましたから、こちらからバスで千葉まで行こうと言う方の為の駐車場でしょう。
この道の駅の野菜は売れ行き好調で、夕方には少なくなっています。花も売っていて、先週はいくさんが水仙やストックを買っていました。
露地物のせいか、花持ちが良い様に思います(何故か宣伝してる・・)
まだ花は咲いていますから、嬉しい忙しさは続くでしょう(^-^)



2007年1月11日 (木)

新ジャガ?

春に収穫したジャガイモ、小さな取り残しが有った様で、晩秋から芽が出て成長して行った。
そのままにしていたら、この所の寒さで葉もすっかり枯れたので、今日、試しに掘ってみた。
P1110032 これだけ収穫出来ました。
これって新ジャガと言えるのだろうか・・
やっぱり暖冬なんでしょうね。
何時もは、ジャガイモを植えた後、何か葉物の種まきしてたのに、あれこれと忙しく、何もしないままに放置して有った。ジャガイモにはそれが良かったのかな・・

2007年1月 8日 (月)

連休

この連休に、ネットの若い友人である三島のいくさん一家3人で千葉まで来て呉れた。
日曜日は生憎の風の強い日だったが、無事待ち合わせ場所で出会えて、いくさんの車に乗せて頂き、水仙ロードを目指しました。
同じ市内に住む、なくつさん親子3人も後ろから車で来ます。
水仙ロード、風が強くて、進めない。
P1070001
海に近い事も有り、風が強すぎるので、ここは諦めて、少し移動して大崩れ(をくずれ)地区に行く。
少しは良いのですが、やはり風が強い。
先日娘と行った時より鴨の数は少ないが、この鴨、相変わらず人が行けば餌が貰えると寄って来る。
ここで、子供達と親とで餌を撒いてかなり盛り上がる。

風の弱そうな所を探してお昼。
もう少し内陸に入った方が良いかと、場所を大山千枚田へ移動する。
P1070018 ここは、いくさん達大人に見せたい所と思っていたら、意外な展開になり、子供達が喜んで駆け回ってしまった。
坂なので、転ばない様にとハラハラするが、バランス良く走っているのには感心する。
大人の思惑とは関係無い反応をする子供は、見ていて楽しい。

次は、長狭街道から410号を南下して酪農の里へ行く。
ここは白くて、普通の牛の1.5倍程の大きさの牛がいました。
絞り立ての牛乳の無料サービスを受けたり、牧場ではヤギにさわったり、子供達も喜んでいる。
夕方からのドイツ村のイルミネーションを見る為の時間調整として、近くのカステラ工房で試食、みんなみの里でゆっくりしてからドイツ村へ向かう。
イルミネーションも奇麗で、観覧車からの眺めはナスカの地上絵の様な感じ。
夜は、私の家で、お喋りしながら夕飯食べました。
すずちゃんが娘とすっかり仲良しになって笑いが止まらない、寝たく無いけど・・明日が早いからと言うと、素直におやすみです(^.^)

月曜日は、風も収まって、御殿山へ登ります。
この山はツバキの咲く山ですが、開花しているかどうかのタイミングが分からない。
今日は、なくつパパも一緒ですから、なくつ家の子供達もハイテンション。
何と言っても元気一杯は今年4才になると言うガクちゃん、歩くと言うよりほとんど走っている。
大人が走って追いかけてもすぐに追いつかない早さ。
お天気も良いので、展望は最高です。
P1080029 伊予ケ岳、富山も奇麗に見えるその先に白い富士山がぼんやりと見える。
いつも、いくさんのHPはその時々の富士山を見せて貰えるが、こんなに離れて見える富士山にも感慨がある。
普通より時間をゆっくり掛けて、子供達も歩き通して山頂です。
お昼を食べて、ツバキのトンネルまで行って見るが、どうも花の状態が分からない。
今年は花付きが悪いのかも知れない。
下りも子供達は元気一杯。
楽しいハイキングは終わりました。
私は久しぶりに小さな子供達と一緒に過ごす事が出来て、新鮮な喜び。
パワー一杯、大人も子供くらい動いたら、倉が建つと昔の人は良く言いました。
納得ですね(^^)
最後に、来年また千葉で遊ぼうねと名残惜しく別れる。
ホントに来年も来てね〜〜!




« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »