最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 蔓籠 | トップページ | 押し詰まって »

2006年12月12日 (火)

大根な日々

先日、かつとんさんから頂いた大根は2本。
1本は早速おでん風の煮込みで頂いた。
家族も少ないので、消費に時間が掛かる。
今日は大事に取って有ったもう1本を料理した。
Pc120014 Pc120013 Pc120012






夫の郷里である山口県では「けんちょ」と言う料理が有り、大根と豆腐だけで作られる。
何故「けんちょ」と言うのか分からなかったが、ネットである人からこれは、建長寺から出た料理の名前で、「けんちん汁」も同じでどちらにも「けん」が付くと言われた。
精進料理で豆腐が入る物を言うらしい。
とあいまいな事ですが、家では、これを少しアレンジして、ひき肉と白滝を入れる。
大根とひき肉を炒めて、砂糖と醤油で味付け、白滝も入れるのでそれらから出る水分で煮物になります。
味が付いて来たら、豆腐を手で崩して入れる。
全部に味がしみたら出来上がり。
大根料理にしては短時間で出来る。以前聖護院大根と豆腐だけで作ったら、とても美味しかった。
こちらは、砂糖を使わずにみりんと醤油だけで作った。

次はお馴染みの大根サラダ、カニ風味(最近は便利な物が有る)かまぼことマヨネーズで和えただけ。

大根の皮も捨てられません。
キンピラになって、ご飯が進みます(^^)

そして、辛み大根のおろしは、餃子と一緒に頂いた。
大根おろしのからみが、酢醤油とマッチして餃子もさっぱりで美味しかった〜♪

今夜は食べ過ぎです・・

« 蔓籠 | トップページ | 押し詰まって »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

ご主人の郷里と近いからでしょうか。
『けんちょ』という呼び名は知らなかったけれど、これによく似た料理を母が作っていたので、わたしもときどき作ります。

大根を千切り(これは、だいこんツキとか言って、ところてんの大根バージョンのような・・・あれはなんていうのかな・・これで切ったほうが、味が沁みやすい。)と豆腐をくずしながらいためて、味醂とお醤油で味付け。私にとって母の味です。建長寺からきたとは、知りませんでした。

大根を1センチくらいの輪切りにして、両面をゆっくりと炒めてお醤油をかけて食べるのも、お坊さんのお料理とか・・吉兆の湯木貞一さんの本で読んだものですけど・・取れたてのみずみずしい大根ならではのおいしさです。

大根料理・・・語りだすと尽きません。

ぴとこさん

やっぱり名前は兎も角母の味でしたか。
冬になり、大根の季節になると、夫の母から聖護院大根等が送られて来ました。
その時に「けんちょ」にすると美味しいよと教えられたのですが、切り方迄は伝授して貰わなかった。
長い事山口県の郷土料理だと(他は知らないけど・・)思っていたのですが、有る時、料理の事を詳しく知っているネットの方から建長寺から出た名前と言われて、鎌倉時代からその名前に由来する精進料理が全国に広がったのかしらと、不思議でした。
大根を輪切りにしてゆっくり炒める、何だかしみじみ美味しそうですね。
大根料理を語ると、私も尽きないです(^^)
子供の頃は大根の美味しさを知らなかったし・・

こんな風に料理してくれる人の元へ行った大根は幸せだな・・・ポツリと女房が呟いてた。
ひとつの素材を無駄なく調理できる山百合さんは、やぱり凄いな。

本当に頭が下がります。
大根が今とっても身近に感じています。
いつも大根サラダやおでん、味噌汁、大根おろしぐらいでした。・・・
山百合子さんのレシピいただきます(^^)
もっと、大根料理増やさなくては!

かつとんさん

褒め過ぎ(^^)
大根は淡白なのに冬の食卓には欠かせない物ですね。
豚汁にも無いと何だか物足りないし、全部食べられるのも優れものって感じです。
生でも、煮ても美味しくて、瑞々しい大根、頂いて本当に嬉しかったです。
ご馳走様〜〜♪

あずささん

私も子供の頃は美味しい物とは思っていませんでしたよ。
やっぱり大人になると、あの中迄しみ込んだ煮物の美味しさは冬らしくて大好きです。
「けんちょ」は夫の母から教えて貰った唯一の物、同居した事は無かったし、離れていたので山口の郷里の料理を知らないんです。
大根と豆腐が有れば良いので作って見てね(^^)

こんばんは♪
「けんちょ」レシピ私もいただきます(^^)
自宅の回りが畑のせいか、農家の方から大根をいただきます。
毎日食べていても、まだ3本ありますよ。
「ふろふき大根」は今も鍋でコトコトとあっためかえし、
一本分の大根から「ゆず大根」をしました。薄い輪切りにして甘酢で作りました。
お正月までもちそうです。

明日の晩に「けんちょ」に挑戦します(^^)

おいしそう~ですぅ。
あー、食べたい、全部( ^ ^ )
私はシンプルに薄切りにした大根にサラダオイルを
まぶして醤油とかつおぶしで食べるのがスキです。

高校生の頃、バイト帰りにコンビニでおでんをよく食べました。
友達は必ず大根を食べるんですがあんなものの何処がおいしいのか理解出来ませんでした。

建長寺からきてるのはけんちんだけではないんですねえ。
さすが建長寺。

w(@。@;)w オウ~ かつとんさん家の大根もこんな方に頂いて貰うと大喜びですね!

一本・・・皮まで無駄なく使い切る山百合さんってさすが主婦の達人!!
見らなわなくっちゃ~(^-^;

カラッチ昨日、大根30キロを酢漬けにするために荒塩に漬け込みました~

ホントにね~皮まで調理して主婦の鏡だわ♪
家庭の仕事が好きというのは羨ましい限り!
毎日、美味しいご馳走を頂ける娘さんが羨ましいなぁ。。

睦月さん

大根って、煮ても煮ても崩れないし、味はしっかりしみ込むし、立派な野菜だわ(^^)
ゆず大根も美味しそう〜お正月が近いものね〜さっぱり頂ける物も大切なのよね。
「けんちょ」も「けんちょもどき」も作って見て下さい。
淡白に見えるけど、色々料理出来るのも大根の良さかな(^^)

えびさん

薄切りにしてサラダオイルと醤油とおかか、何だかこちらもさっぱりしてて美味しそう〜♪
サラダ風だものね。
子供の頃は大根の何処が美味しいのか理解出来なかったけど、家では、おでんにすると大根を沢山入れますよ、それだけ消費が多いんだわ(^^)
建長寺、山口迄名前売っていたのにはびっくりですよ。

カラッチさん

大根の酢漬け、カラッチさんに教えて貰って、今年は美味しく出来ました。
でも、30キロって・・そうか、あちこち送るんだものね(^^)
漬け物にも、煮物にもサラダにもなるから大根って冬の野菜の必需品だね。

千春さん

家庭菜園で作る大根は無農薬ですから、大切に食べたかったのよ。
それで、皮も勿体ないし、葉もジャコや油揚と炒め煮風にするから、捨てる所が無い優れ物の野菜だなぁ〜と思ってます。
娘に・・何とか色々な野菜を食べさせたいのに、カレーと、ハンバーグと餃子をすれば喜ぶ、まだまだ味覚が子供です(。
困ったもんだと嘆く母(^^;;

大根料理、参考になります。
1本買うと、なかなか全部食べきれない自分ですが、もっとこういう風にバリエーションが広いとあっという間に食べられそうですね。
大根大好きですが、効率的にたべるのはせいぜいおでんぐらいなんで、やや消費量が少ないです。

HPの表紙は紅葉あざやかで良いですね。
今年は、まともに1度も紅葉見に行かないで雪になりそうかも。(苦笑)

MINMINさん

大根も美味しい野菜ですが、中々全部食べ切るのは1人暮らしの方には難しいですよね。
でも、冬には欠かせない物ですから、何時も冷蔵庫には入ってますね。
長持ちするし、みそ汁に入れたり、サラダにしたり、今度ゆっくりフライパンに油を敷いて焼くと言うのをしてみたいです。

紅葉って、その気にならないと時期を逃しますね。
関東では遅いのがこちらの養老渓谷です。
もうすっかり里は葉を落としていますよ。
そうなると、雪の便りで、いよいよMINMINさんの出番でしょう(^^)

大根料理って、好きだな〜と思いながら
何回も記事や、レスを読んでいました。

えびちゃんみたいにシンプルに食べるのも大好きだし
カラッチさんの酢漬けも大好き。
子供って大根にしみた味のおいしさがわからないみたい。
すずは、煮たものより、サラダの方が歯ごたえがあって好き。
「けんちょ」って言うのは知らなかった。
今度作ってみよう。アレンジがいろいろ出来そうですね。
かつとんさんが作った安全な大根だから
皮まで全ておいしく食べられますよね。

こうしてまた料理の話題をしてください。
マンネリ料理への刺激になります〜(笑)

いくさん

やっぱり子供はサラダの方が煮物より好きって言うでしょうね。
大根って色々変化するし、年代に合わせた料理が出来るから便利だわ。
かつとんさん手作りの大根ですからね、とっても美味しかったですよ(^^)

マンネリ料理って私もです、つい、似た様な物を作ってしまうけど、あれこれ変化をつけないと飽きるものね。
よそのお宅のレシピはお互い参考になるのよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔓籠 | トップページ | 押し詰まって »