最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 銀閣寺から真如堂 | トップページ | 鴨に餌 »

2006年12月27日 (水)

広隆寺から鈴虫寺

美味しい物ばかり頂いた法要と納骨も終わり、最後の京都の1日です。
新幹線の時間は3時半、それまで各自で行動しようと、8時過ぎにホテルを出ました。
今度はバスターミナルで貰ったバス路線の一覧を持っています。
京都へ来たらこの案内図が便利。
あちこちでは無く、一番行きたい所をゆっくり見たいと思い、広隆寺へ向かいました。
昨年、東京国立博物館で中宮時の弥勒菩薩像を見て、シンプルな美しさに感動、次は広隆寺の弥勒菩薩様だと決めていた。
ずっと前から来たいと願っていながら中々チャンスが無かったのは、同行者の都合に合わせたりして実現出来なかった。好きな所へ行かれる一人での行動の良さを再確認した次第。
Pc240067 Pc240068 Pc240070






朝は9時からですが、私が行ったのは少し過ぎていた、人も少なく静かです。
こんな静かな雰囲気だと、ワクワクします。
念願の弥勒菩薩は、講堂の中央に祀られています。
まず最初からゆっくりと沢山の仏像を見せて頂き、やっと正面の弥勒菩薩に対面した。
すっきりとして、余計な装飾の無いシンプルな仏様の穏やかな微笑みに魅せられてしまう。
右手がわずかに頬に触れそうな所、ほっそりとした指等も素敵ですが、全体的に比べてお顔が大きい。
本物の人と同じ様にすると、神秘性が無くなるからかな。
でも、そんな事はどちらでも良いと思わせる、日本で最も古く美しいと言われる弥勒菩薩様、心ゆくまで堪能させて頂いた。
中宮時の弥勒菩薩展の時に解説を聞くと、中宮時の弥勒菩薩は右手が頬についている、それは寄木なので狂い無く作られたが、こちらの弥勒菩薩は1木で作られているので彫っている間に微妙な狂いから離れているのではと言う。
この像の用材は赤松だそうです。
松と言うと、ヤニが出るのではと思いますが、そんな物も出尽くす程乾燥させてから作ったのだろうか。
人も少ない時だったので受付の方とそんな話が出来た。
この方は、頬から指が離れているのは、元は漆を塗り、金箔が貼られていたのが剥がれたので離れているのでは無いかと高名な彫刻家の方が言っていたと話て下さった。
もう、しっかり念願の所で満足したので、後は何処に行こうかとバス停に居ると、鈴虫寺行きのバスが来た。
行った事は無いし、これも仏縁かとバスに乗る。
Pc240073 Pc240074 Pc240077






鈴虫寺と言うと、願いを1つ叶えて下さると言う事で有名な所。
石段を上がり、受付で、前の人たちが終わるまで待つ様に言われ、何人かの人たちとぼんやり待っていた。
やがて、堂の中から人が大勢出て来た。
入れ替わりに、待っていた私たちが順番に入る。
4部屋の仕切りを取り払い一つにして、何列も長いテーブルが有り、座布団が敷いてある所へ座る、前にはお茶とお菓子が有った。
テーブルの前に、鈴虫の入ったガラスケースが有り、鈴虫が盛大に鳴いている。
びっくりして、その数を聞いたが忘れた。
住職の話は鈴虫の事と全てお願いの仕方の話で、それを実に上手になさるので、帰りには皆さんお守りを購入する。
私も、娘達の分もと3つ購入した(^^;;
外に出ると、順番待ちの長蛇の列、人気のお寺なんですねぇ〜
混雑でも順路通りに進めば狭い通路でごちゃごちゃにならない様になっている。
Pc240078 Pc240079 竹の多い所で、庭内には三角や四角等色々な竹が植えられていた。
すり鉢状の京都では、この辺りが京都タワーの一番高い所と同じ高さだと説明された。


この後は苔寺に寄りたいと思ったら、予約が居るんですね。
そう言えば、38年位前に行ったきりのはず、最近の事情は知らなかった。
もう、一番行きたい所へ行ったので、満足して、のんびり京都駅へ戻り、楽しかったと、兄に感謝しながら帰路につきました。

« 銀閣寺から真如堂 | トップページ | 鴨に餌 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

山百合子さん こんにちは
京都の様子、拝見しました。
年末の京都、静かに歩けたんですね。
どんな弥勒菩薩か、と検索しました。
見たことありました。(もちろん、教科書写真か何かで)
お寺では、おそらく撮影禁止だったのでしょう。
本当に綺麗な菩薩様ですね。

鈴虫寺は初耳です。
私が京都へ行った頃は、拝観料のことで
騒ぎになり、入れないお寺もあったりしました
鈴虫寺は、本物の鈴虫がいっぱいいるのね
冬眠しないのかな〜?
お願いごとが叶いますように。

いくさん

弥勒菩薩様はお顔を見せて頂くだけ、写真は駄目でした。
まぁ、どちらのお寺もそうですよね、許してたら大変な事になるでしょう。
教科書ではお馴染みだと思うけど、やっぱり実物をゆっくり見るとその美しさが伝わって来る。

鈴虫寺って結構若者から人気らしく、参拝者も若者が多かった。
鈴虫は1年中飼育していて鳴いているのを何時でも聞く事が出来る様になっていました。
こちらのお地蔵様はわらじを履いていて、皆さんのお願いをお宅まで叶えに来て呉れるそうです(^^)
なので、住所氏名を名乗る事等と、楽しいお話でした。
願い事は、出来ない事も有るんですって。
片思いとか、宝くじとか、割合ささやかなお願いが良いらしい(^^)

大人の女のしっとりプチ一人旅ってな感じでしょうかね~なかなか立派だわ~山百合さん!
だいたいの見当はつけてあるのかと思うけれどウン十年前の記憶を辿りながら、しかも待合時間に間に合うように少しの時間でも充実したお寺巡りができて、仏様の導きでしょうか~?
弥勒菩薩もいいお顔なさっていたのでしょうね~じっくり拝見したいものです。

鈴虫寺のお守り持っていますよ~15、6年前になるかな~?
京都旅行に行きました~願い事が叶うっていうんですよね~でも欲張りすぎたかな??
住職のお話が楽しかったの覚えています。
さすがにいま時分は人が疎らのように見えるけれど時間帯がずれていたせいですかね~♪

千春さん

一人歩きって寂しいけど気楽ですね。
行きたい所は一つに決めて、後は成り行きにすれば良いから楽です。
やっぱり鈴虫寺行った事が有るんですね。
私は、娘の修学旅行での話を聞いて面白いなぁ〜と思ってました。
住所が変わったりしたら、変更届けも(お寺の方向に向かって言えば良いらしい)しないといけませんとか、片思いだけは無理とか、お話も面白かった。
千春さんは沢山お願いしたの?
一つだけですって、叶うのは。
別のお願いは、一つが叶ったらまたお願い出来るから、一度に欲張らないでと言うのが微笑ましかった(^^)
人を写さない様に写真撮るの苦労しますよ(^^)
京都って時間も季節も関係無く観光客が多いのね。
広隆寺だけは、時間の関係で少なかったけど・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀閣寺から真如堂 | トップページ | 鴨に餌 »