最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 押し詰まって | トップページ | 銀閣寺から真如堂 »

2006年12月26日 (火)

美味しい京都

22日から24日まで10月に亡くなった兄の納骨で京都へ行った。
23日の法要関連の美味しい物から紹介しよう。

23日は 午後からの法要予定だったのが、住職のダブルブッキング(多分)で前夜になって午前中にして欲しいと連絡が入る。
慌てた義姉達と甥姪との相談で、夜の会食とは別にお客様もいらっしゃるので、予定外のお昼の用意をすることになった。
丁度泊まっていたホテルの懐石に予約出来てホッとしたのは前夜も遅い時間。
と言う事で、清水寺の下辺りに有る大谷本廟での法要と納骨が終わりタクシーでホテルに戻ったのが予定時間の2時少し前。
急な事で、お店で用意出来ずに精進にはならなかったものの、懐石料理です。

Pc230044 ゴマ豆腐です
右の杯は食前酒
盆に敷かれた紙と箸入れの袋が法要の物らしくなっている。




次は椀替わりのスッポン鍋・・写真忘れた・・
スッポンを食べようと言う気持ちは今まで一度も起こした事は無い。
あの姿と顔を思い出したら・・無理
と言って、この機会を逃したら一生知らずに過ごすでしょう。
別にそれには悔いも無いけど、滅多に無い機会、思い切って頂きました。
ほんの数切れの、美味しい汁の中にらしい物が入ってました。
お味は良かったけど、又っと聞かれてたらもう良いと言うでしょう。
緊張して、頑張って食べて見たので写真を忘れたのでした(^^;;
Pc230045

向付
ヒラメ、イカ、トロのお刺身



Pc230047
口取り
冬の彩り盛り合わせ




Pc230048
鉢物
海老芋万寿




Pc230049 Pc230050






これは、どちらかを選択する事になっていて、私は左のズワイ蟹の天ぷらにした。
右は和牛の照り焼き
Pc230051
ゴボウのご飯にウナギを乗せて頂く
赤出し付きです




Pc230052 Pc230053






フルーツが出て、京菓子が出ました。
その後にお薄が出たのですが、やれやれと気のゆるみから写真を忘れる(^^;;
最後のご飯の時にはお腹もかなり一杯で当然お替わりは出来ません。
それなのに、ちゃんとフルーツまで頂いて、お薄で締める辺りが食いしん坊です。

夕方まで時間が有りますから、ホテルの部屋でゆっくりしてから本当はメインだった先斗町の料理屋さんへ。
兄に連れて来て貰って以来、京都へ来ると予約して美味しい物を頂けると楽しみにして来る所です。
人気の店と言う事で、予約しないと入れない程です。
狭い小路の突き当たりの店ですが、法要の関係者で10名程ですから、二階の部屋でした。
Pc230055
お刺身です

この前に、茄子のご味噌和えが有りましたが、写真の撮り忘れ・・


Pc230056 Pc230057 Pc230059






真ん中の鴨まんじゅうを最初に食べた時は感動しましたよ。
ショウガの香りのするあんかけ汁の中に香ばしい匂いのする餅の様な中にカモの肉が入っていて、美味しい〜〜物です。
後で、本を見ると、里芋とジャガイモを茹でて裏ごしした物にあられを入れて、その中にカモのひき肉を詰める。
一度油で揚げてから、一晩冷凍してから蒸す。
あんかけ汁を張って頂く、そんな風に書いて有った(早読みしたので不確か)
Pc230060
Pc230061
牡蠣とホタテのフライ
だし巻き卵
の間にカモロースとサラダが有りましたが、私は、どうも、脂身が付いている物に拒否反応。
サラダだけ食べようと思ったけど、脂の部分を取り1枚食べてみると美味しい、結局2枚程食べてから写真の取り忘れに気付く。
余裕が無いと駄目らしい・・
Pc230062 Pc230063 Pc230064






Pc230066 最後のご飯は釜飯と雑炊から選びます。
釜飯の色々
穴子、グジ、ホタテ、シラスとおかか
残るとおむすびか折り詰めに入れて持ち帰りです。
以前友人と来た時は季節物で松茸が有った。

最後はシャーベットでした。
美味しく満足して、喜ばれるのが好きな兄も、きっと皆がこんなに喜んで呉れたら、満足かなと思いつつホテルへ戻りました。

数年前の法事で、家の家族も連れて京都へ来た時、この店で食事をして夜の町を散策しながら、有る店で皆にお財布を買って呉れた。
使いやすい物で、旅行と言うとその財布を持つ様にしている。
寂しくなったけど、大好きな兄の事を思い出して、そのお財布を持ちまた京都へ来たい物です。

« 押し詰まって | トップページ | 銀閣寺から真如堂 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

素敵なお兄様だったんですねぇ。
京都らしい?上品な食事に憧れます。
食べてみたいなぁ・・・・(笑)

そそ、食べ物の写真撮り忘れるのってよくありますよね。
すっかり食べてから「あっ」なんて事はよくあります。

あ~立派な法事ですね~懐石料理を頂けて目の保養にもなったし親戚一同和やかに集まってお兄様も喜んでおられるでしょう。

料理の数々写真撮影は大変だったのではないですか?
撮り忘れは分かります、私なんて食い意地張ってるし食べる前の写真撮るの苦手ですよ^m^


料理の撮り忘れ・・いつもです。
目の前にくると、即食べる・・いやしい私。


山百合さんの写真は、立派です。
懐石料理は、千春さんが言うように、目の保養ね。
美的センスがある方だったんだろうな・・と推測しているお兄様
も、きっと、ふむふむとおっしゃっているでしょうね。

えびさん

今回、住職のミスで?お昼も美味しいもの頂きました(^^)
年の離れた兄でしたが、お洒落な人で、お酒が大好きな所は私とは似ていない(^^)
美味しそうな物を目の前にしたら、写真の事は飛んでましたね。
何時も、後からアッと思うので、カメラ横に置いてたのにぃ〜〜

千春さん

兄は人をもてなす事が好きでしたし、美味しい物も大好きな人でした。
ですから、兄との思い出の中には食べ物関連が多い。
写真を撮るより、食い気が先になり、食べてしまって、アッっと思う事が度々・・自分の物を食べてしまい、隣の義姉の物を写真に撮ったのも多々有ります。
反省が足りない(^^)

ぴとこさん

兄はとてもお洒落でしたから、私が良い物を着て行くと、似合うとか良い柄だとか色だとか褒めてくれました。
自分もピンクのシャツ着たり、赤系の上着を着たりして、それが似合う人でした。
今回の法要も、美味しい物を皆で頂いて、京都を楽しんだと言う事をきっと喜んで呉れていると思います。
懐石料理、時には食べて見ると良いでしょうね。
奇麗ですし、中々手がこんでます。

器もお料理も素晴らしいね。
季節感があって

鴨まんじゅうなんて、京都らしいな。
しょうが味のあんかけ、、、
もう、それだけで、よだれが、、(笑)

いくさん

やっぱり器も料理の一部なんでしょうね。
色々な料理が美味しかったけど、やっぱり鴨まんじゅうかな〜
何時か、いくさんにも味わってもらいたい物です。
京都は、何処へ行ってもうどんがおいしいと聞きましたよ。
大きくなったすずちゃんとの旅で味わえると良いね(^.^)

さすが京都って感じ、って3回行きましたが、
一度も懐石料理たるものは食べたことがありません。
ただ、お豆腐は食べたことがありますよ?
お洒落なお兄様には京都が似合ってらっしゃったのですね。
きっと、いつまでも山百合子さんを見守ってくださってることでしょうね。

あずささん

京都へは何度も行きましたが、懐石食べたのは法事だけで自分では無いですね。
お豆腐はそんなに気張らなくても食べられるんですが、懐石となると、値段の事も有るし、旅では気合いを入れないと難しいかも(^^;;
夫の会社の本社が京都でしたから、在職中に亡くなったりすると、会社の慰霊碑に合祀する様になっていて、1周忌と3回忌に京都へ呼んで呉れました。
その時も懐石と言うか精進と言うかの料理で美味しかったです。
京都らしい食べ物って自分たちの思う事と、実際に訪れた時に受ける機会とは隔たりが有るし、難しい所だわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 押し詰まって | トップページ | 銀閣寺から真如堂 »