最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 美味しい京都 | トップページ | 広隆寺から鈴虫寺 »

2006年12月27日 (水)

銀閣寺から真如堂

兄の納骨に京都へ向かったのは22日
東京駅で義姉、姉と待ち合わせして、兄との最後の新幹線での旅になった。
駅弁食べたり、お喋りしたりして京都駅到着、駅前のホテルに入った。
夕飯には美味しい物を食べたいと言う姉達が、予約したら後で電話すると言うので、一人でバスに乗ったのが2時半。
目的地は銀閣寺です。
修学旅行以来ですから、指が足りない程前の事。
きらびやかな金閣寺より好きだと思った事がどんな風になっているか・・
バスを降りて銀閣寺方面に進むと、哲学の道が出た。
哲学的には縁遠い私でも、少しは何か感じるかと歩いて見たが、元が無いから所詮は何の感慨もわかずに到着。
Pc220003_1 Pc220004_1 Pc220006_1






思ったより京都は暖かく、近くに見える山には真っ赤な紅葉した木が見られる。
Pc220011_1 Pc220020_2 Pc220026_1






庭内の散策路を登って行き、下に見える銀閣は中々素敵です。
この時間ですが、結構観光客も多く、って私もそうだけど、京都は一年中そんな人を集める人気の場所なんですね。
銀閣を歩いて、次は真如堂を目指します。
地図も何も持たずに来たのですが、私は結構方向感覚が有る方で、大体の見当が付くと歩いて小路に入りました。
静かな住宅街を歩いて、日暮れが心配になり、足早で暑くなって来ました。
このまま分からなかったら諦めようとバス通りに出ようかと思ったら有りました。
Pc220032_1 Pc220034_1 Pc220033_1











ここは、ネットの友人らっしーさんが紅葉の時に訪ねたレポを見て来てみたかった所です。
夕暮れで三重塔の写真を撮る人とか、ご近所の方が散歩に来る程度の人で境内は静かです。
こう言う雰囲気の方がしっとりしてて良いなぁ〜とすっかり嬉しくなる。
Pc220042_1 Pc220043_1






奥へ進むと薄暗くなった中で浮かび上がる様に紅葉の最後の彩りが見られた。
お堂の横に続いて植えられたモミジも新緑や紅葉の季節は見事だろうなぁ〜と想像を膨らませる。

とそこへ姉からの電話で、食事の場所の近くの四条大橋で5時半に来てと言う。
バス通りに出て、停留所では四条大橋までのバスの系統と下車する所を教えて貰い無事に四条大橋の待ち合わせ場所へ行く事が出来た。

鴨川沿いの店で、お肉を頂きました。
普段はほとんど魚の多い私ですが、久しぶりの美味しい肉に満腹満足です。

ホテルに戻り、明日の法要の打ち合わせに札幌から来る甥を待つ間のんびりお喋りしていると、姪から電話です。姪は住職との連絡係。
午後からの予定だったのに、午前中にして欲しいとの事です。
今更と言っても仕方無い事、来て頂くお客様への連絡と、お昼の心配をと慌ただしい。
やって来た甥の手配でやっと全てが終わったのが10時過ぎ。
中々エキサイティングな一日でした。

« 美味しい京都 | トップページ | 広隆寺から鈴虫寺 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

私も金閣よか銀閣の方が好きです。
白いプリン、まだちゃんとありましたね。
あれがお気に入りです。
私も中学の修学旅行以来行ってないので
かれこれ・・・10年くらい行ってないですねぇ(・_・)

えびさん

今日は、ブログの更新して京都編を完成です(^^)

やっぱり金閣より銀閣派ですか、しっとりしてて良いですよね。
白いプリン・・フフフそう見えるよね。
私の好みはあのプリンはちょっとです。庭の銀紗灘と言われる所も何だかあまり好みでは無い。
あくまでも銀閣に合わせて、わびさびで行って欲しかった。
えびさんが10年行って無いと言うと・・私は指が足りないけど、48年位かなぁ〜(^^)

お姉さんも義姉さんもおいしいものが好きなのね。
私もいつか、妹と旅行したいな。

銀閣寺。私も修学旅行で行きました。
あのころよりも建物が古くなったような気がするな。
痛んでしまったのかな。
やはりあの砂山は印象にあります。
なんで、こんなのあるんだろー不思議だーと言うのが
高校生の私の感想(笑)
なんの情緒もわからない高校生も
こういうのを見ることに意義はあるのかな・・・
子供でも本物を見ておくことは、大事かな。

いくさんも妹さんと旅が出来る様になると良いね。
美味しい物食べて、色々な物を見て、そんな時が来るのを待っているのも素敵だよ。

銀閣寺、やっぱり建物が古いけど(当たり前だよね)それなりに歴史を感じるわ。
感じるって言うのも、庶民との暮らしと足利幕府の権威との格差で、今の様な施設が残っているんだと思う事かな。
高校生の頃って、なぁんにも感じないで、別の事思っているんだけど、大人になって、行った事が有る、その頃もっとしっかり見学しとけば良かったと思って、再び京都へ行くんだわ(^^)

やっと時間的にも体調的にも峠を越えたようで、久しぶりに書き込みにやってきました。
お兄様の法要でしたか……お疲れさまでした。

お料理に神社仏閣の写真、興味深く(涎を垂らしながら)拝見させていただきました。
30数年前のこういうものとはほとんど縁のない京都での生活を思い出して「もったいないことでした」の感想。

まあ、当時は三畳一間でキャベツばかりをかじってた(それはかぐや姫の世界^^; 私は4畳半)のだから高級なお料理に縁があるはずもないですし、神社仏閣にシミジミしてしまう心理状態でもなかったんでしょうねぇ。

四条大橋付近のデパートでバイトもしたなあ。
夕暮れの鴨川沿いのカップル共には敵意を抱いておりました……あれは妙に孤独な時期でした(^^;

うん、愛憎半ば?の京都に行ってみたくなりました。

実はそちら方面、新婚旅行で行ったのが最後なのです。それだって30年以上前だなあ……ハァッ、想えば遠くへ来たもんだ(^^;

真如堂に反応してしまいました
私、ここに泊まったことがあるの・・
学生時代、ここに下宿していたと言う友だちの紹介からでした
友だちに、新緑や若葉、紅葉の素晴らしさ散々吹き込まれていました
京都に嫁いだ友だちも、ここはデートスポットだったとか・・

一人歩きの京都もいいですね 弥勒菩薩、私も観たいな・・

銀閣寺は何度か行ったこと覚えているのですが、真如堂・・・山百合さんの記事見て「あぁ~ここも歩いているわ~」って思いました~
カラッチ達が歩いたのも確か、紅葉の終わりかけだったような・・・
鈴虫寺もなかなか雰囲気良さそうなところですね!

お義兄様の法要、お寺さんの都合で午前中になったお陰で・・・
二度も美味しいもの頂けちゃったのね~(~_~;)
京都の懐石料理は、さすがに美味しそう~~
特にゴボウのご飯にウナギと鴨まんじゅうに目が点!!
お正月料理にヒント頂きました~ ヽ(#^ー゜#)v サンクス!
ジャガイモは、鍋物などの団子(鳥ミンチとかイワシなど)に入れると滑らかになるそうですもんね~

トラベエさん

峠を越えられたとは良かった(^^)また遊べますね!

京都と言うと、何故かトラベエさんの若き日を想像してしまうんですよ。
それで、こんな道歩いたかなぁ〜と一人旅らしく、色々な人の顔を思い浮かべてました。
連れが居ると、ほとんどそう言う事は思わないので不思議な心境ですけどね。
トラベエさんの学生時代だったら、美味しい物や神社仏閣よりも目の前の事が大切だったでしょうねぇ〜
鴨川沿いの夕暮れにはカップルと言うより、集団の若い男女がいましたよ〜中々賑やかにやってました。
指が足りなくて、時間が掛かりましたが、私も38年位前の旅は京都でした(^^)
トラベエさんも2度目のハネムー・・じゃなかったフルムーンは京都は如何でしょう。
美味しい店紹介しますよ〜(^^;;

えみ丸さん

最近はお元気そうで良かったわ(^^)
真如堂にお泊まりした事が有るんですか、良かったでしょう。
新緑も紅葉もきれいなはずですものね。

広隆寺の弥勒菩薩は、えみ丸さんもご覧になった中宮時の弥勒菩薩を見てから、一層行きたいの思いが強くなってました。
良かったですよ〜国立博物館の中宮寺の弥勒菩薩様はシンプルな飾られ方でしたね。
広隆寺は、展示会では無いので、お寺のご本尊ですから、沢山の他の仏像に囲まれて、中央に静かにおられると言う感じでした。。
なので、後ろまでしっかり見られた中宮時の弥勒菩薩とは違いますが、人も少なくしっかりゆっくり拝見出来て、幸福感が有りました。
手の込まない彫りの少ないシンプルさが美しさと、彫刻の技術の高さを感じさせられました。指が優雅でとても奇麗でしたよ。
又行きたいです
感動が大きくて、つい、熱が入りました(^^)


カラッチさん

銀閣寺を歩いたら、カラッチさんなら真如堂も歩いて行ったのではと思ってましたよ。
良かったでしょう〜。

兄の法要が午前中になったので急遽美味しい物が2度も頂けて、何だか人をもてなすのが好きな兄らしいなと思いました。
鴨まんじゅうのレシピは、私たちの行ったお店の料理本が出たらしく、兄の事を偲んでお店のご主人が義姉に渡してました。
義姉は、その本を何冊か取り寄せて、私にも送って呉れました。
今度カラッチさんにレシピを送ります。
私もその料理に挑戦したいと思っているの。
美味しいのよ〜
ゴボウのご飯も美味しかったけど、ウナギを乗せると一段と美味しい〜〜こちらはすぐにでも真似出来るよね。

22歳の時、真冬の銀閣寺。45歳の時、仕事で真夏の銀閣寺と
2度行きました。哲学の道も歩きましたが、もちろん無縁の脳みそ。
同僚の女子と僅かに与えられた自由時間内に見て周りました。
懐かしいです。京都は一人で歩いてみたいな~
是非ここにって行って見たい処ってあるものね。

きっとお兄様も一緒に歩いてくださったかも知れませんね。


あずささん

哲学の道を歩くと少しはこちらに影響が・・って無いよねぇ〜(^^)
真冬と真夏では何となく景色も違うし、気持ちの在り方も違うよね。
京都の行って見たいと思う所を1つ、充分に堪能すれば満足です。
後は成り行きで行けばずっと気楽ですもの。
何時の日にか、一人歩きもしてみてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美味しい京都 | トップページ | 広隆寺から鈴虫寺 »