最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ブルーベリー | トップページ | 暑中見舞い »

2006年8月 6日 (日)

花火大会

昨日は、何時もウォーキングに行く施設で花火大会が有った。
ここは、袖ヶ浦市の主催で行われる行事で、午後の1時から入園無料になるんです。
お向かいのSさんとお嬢さんの3人で三時頃家を出る。
既に混雑と別の友人から現地の状況を知らせる電話が入っていた。
ここは、道の両側が駐車場になっていて、一方通行なので、中々良く出来ていると何時も思っているのですが、出来るだけ、出口に近い所に止められたら、帰りは楽なので、順番に止めて行く。
車を置いて、花火の見られる場所へマットを敷いて、暑いので、園内で催されているイベントを見て歩く。
P8050001 P8050002

この丘の上から花火が上がる。こんな広々とした所に場所を取る。
イベントは色々有るが、私たち主婦には安い野菜は魅力的。

子供達の可愛い踊りや、若く無い人のフォークダンスとか、ヨサコイとか、売店では、ステーキ、イカ焼き、焼きそば、たこ焼き、その他色々有る。
P8050005 P8050006


ようやく夕暮れになる。
回りも人が増えている。
と言っても混雑でも気になる程では無い。
8時からお待ちかねの花火です。
花火を寝転んで見られるのがここの魅力です。

P8050010

P8050011_1


今年は見応えの有る花火が次々と上がり、初めて一緒に行ったSさんのお嬢さんも喜んだ。

« ブルーベリー | トップページ | 暑中見舞い »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

わぁ。。気持ちよい場所~広々とした芝生に寝転んで花火見物もいいですね~~羨ましい!
千葉も北海道のようなイメージがあるなぁ~

千春さん

確かな事は分からないんだけど、この施設、ゴルフ場にしようとしたらしい。
でも、それを止めてドイツ村と名付けた何と言って良いか分からない施設なんですが、四季夫々の花が咲いているのをウリにしたりしてます。
私たちは、一周すると5キロ以上有るので、ウォーキングに利用しているの。
北海道のイメージって言うと・・・だけど、広々している事は確かです(^^)
花火を見るのは、発射台が近くの丘なので起きて見ると首が痛くなりそう、丁度良いのが寝転んで見る。
でも、それが一番気に入っている所かな。

一度、江戸川の花火に行ったことがあります。
人、人、人で土手にやっと腰掛けたけどお尻が痛かった~

広々として良いな~寝転んで花火見物してみたいです。

あずささん

お近くだったら誘いたいわ。
とってものんびりした花火大会です。
他では何万発とか言うけど、こちらは2千発で終わりです。
でも、芝生の上にマットを敷いて、寝転んで見られるのが毎年楽しみで出掛けています。

台風無事に過ぎましたね。
こちらは、少し雨が強く降った程度でしたよ。

ドイツ村って聞いたことがあります。
いつもウォーキングしてるんですね〜
寝ころんで花火とはとっても贅沢〜。

いくさん

台風は心配でしたが、無事に通過して良かったね。
身構えていたからちょっと拍子抜けでした。

ドイツ村って言うのはどうしてその様な名前にしたのか理解出来ないんですが、私たちにはウォーキングを楽しめるから細かい事は気にしないで行っています。
今は暑いから、もう少し涼しくなって歩きますよ。
そんな所なので、広々しているの。寝転んで見ないと花火が真上って感じなんです。
近くだったら、すずちゃんにも手頃なんだけどなぁ〜

ここ2.3日(にさんにち)朝晩は寒いくらいの秋の気配です。やはり夏が短いかも。

花火はことしも特等席の観覧ができましたね。そして上手に撮れましたね。
伊那は水害の影響で踊りなど華やかな祭りは中止になったけど・・花火は寄付も集まったし、注文もしてあったでしょうからやるようです。花火撮影って難しいけど久しぶりに挑戦してみようかと・・。

かつとんさん

こんな地方ののんびり花火大会も良い物でしょう。
花火の写真は夜景マークにしてですが、難しいですね。
奇麗な花火の写真を見ると、カメラの違いなのか、腕の違いなのかと思いますが、どっちもでしょうね(^^)

伊那のお祭りは水害の事を思うと準備や被害に有った方への配慮から仕方が有りませんね。
花火大会は、花火の制作時間を考えると、かなり前から注文して有った事でしょうし、これで気分も新たにと言う元気付けにもなると良いですね。
かつとんさんの花火の写真楽しみに待っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルーベリー | トップページ | 暑中見舞い »