最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月29日 (火)

シーワールド

やっと夏休みを取った娘と鴨川シーワールドへ出掛けた。
ここは、娘が幼稚園の時に行ったきりなので、20年ぶり位になる。
遅めに出たので、午後のショーの案内時間ぎりぎり。
最初にイルカのショーを見た。
P8290003 P8290004 P8290007






調教のお姉さんに挨拶しているイルカ
そのお姉さんを2頭のイルカが背中の上に乗せてプールの中を泳ぐ
今度は4頭がジャンプ
P8290008 P8290010 P8290011






上から降りて来ているボールにジャンプ
ボールを頭に乗せて運ぶ、次はボールを手に挟んで運ぶ
P8290015 P8290024 立ち泳ぎとジャンプ
中々楽しいショーでした





次は、シャチのショーに移動する
P8290028 P8290034 P8290036






P8290039 イルカよりも大きいだけに迫力が有ります。
観客席の前の方は、シャチの尾びれが水面を叩く時に水が掛かるからと、ちゃっかりビニールポンチョが300円で売られている。
ご挨拶したり、ジャンプしたり、調教師さんを頭の上に乗せて泳いだり、その間に盛大に観客席に水が掛かる。
中には全身びっしょりになった子供も居るが、嬉しそうにしている。
最後は、台の上に乗って姿勢を正してご挨拶、鯱だわ〜
次はアシカのショーへ移動する
P8290042 P8290043
このショーは学校でサッカーをやる事になったお兄さんに家族が協力して見本を示すと言う想定でアシカが色々な芸をします。
中々可愛い仕草で、最後はお父さんの満足の笑いで終わるのですが、アシカが口を開けて笑った様な顔になるのが面白かった。
やっと色々なショーも終わったので、ゆっくり中を見て回る。
最近のこの手の施設の展示方法は工夫されていて、トド、セイウチ、アザラシ等の水の中の動きが目の前に見られたりして、思ったよりラッコの大きい事に驚いたりする。
魚も水族館で見るよりも見た目の奇麗さや動きの分かりやすさで、子供でなくても楽しめた。
何時もは仕事で帰りの遅い娘は疲れ気味、そんな娘が楽しそうな様子で、母は嬉しかったり安心したり・・
今回も娘の車でゆったりして行きました(^.^)


2006年8月22日 (火)

オフが一杯

先月、結婚式の帰りにいつもネットでお喋りをしているシジュウカラさんとお会いした。
そのカラッチさんが、家を始終空して上京する時に会いたいと言う仲間達とのオフ会が修善寺でありました。
日曜日、三島駅で集合、ここで、私の同級生で、ボランティアで町の観光ガイドをしているS氏に頼んで案内をお願いして有った。
早速、柿田川の湧水へ行く。
P8200006 P8200008 ここは、何度行っても感激する。
こんこんと湧き出る水が実に奇麗です。
富士山からの溶岩の下を流れる伏流水がいきなり現れて柿田川になります。
地図で見るといきなり川の表示が出ています。

暑い日ですが、汗を拭き拭き車で三島駅近くの楽寿園に移動。
そこを出るとせせらぎコースへ行きます。
川の中を歩く事も出来るのです。
夏休みの事、子供達も遊んでいます。
早速、いくさんの所のすずちゃんが水に入る。それを見て、何人かが靴を脱いで川に入る。
暑い日ですから、すっかりご機嫌になっています。
P8200010 嬉しそうなカラッチさん(^^)
このせせらぎコースは、私も知らない道が出来ています。
街中を抜けて、川に沿って歩くと、また川の中に出来た遊歩道の様な所を歩く。橋の下をくぐり抜ける様な所も有る。
と三島梅花藻園に出る。
佐野美術館の庭でガイドさんと別れて、私たちは、予約したお昼の所へ移動。
P8200011 三島のうなぎは美味しいんです(^^)

この夜は、moguさんの親戚の温泉別荘に5人でお泊まり。
当然ですが、お喋りの花は満開、遅く迄起きていました。

翌朝、5時半「富士山が見える」の声で車を走らせて達磨山レストハウスへ。
ここに富士山が見えるポイントが有ります。
P8210019 カラッチさんには是非見て貰いたいと願っていた景色ですから私たちも嬉しい。
夏の季節は早朝でなければ見られない富士山でした。

午前中は天城へ行く事にしました。
滑沢渓谷、太郎杉を見ようと言うのです。
P8210023 P8210025 P8210034 渓谷沿いの気持ち良い道を歩くと、わさび田が見えたりする。
やがて、太郎杉が現れました。
大きな杉がすっくと立っています。下のカラッチさんと比較してその大きさが分かるでしょうか。

P8210035
こんな流れも奇麗で森林浴効果抜群です。

こんな楽しいオフも終わり、ピカリさんの見送りでカラッチさんと私は電車で新宿へ向かいます。


新宿は都会だし、次のオフは淑女のマダム達です・・・なので、カラッチさんと私は、山用から街着にお召しかえしています。代わりに大きなバックで荷物は重い・・
小田急の途中駅で、千春さんが電車に乗って来ました。
明るく可愛い千春さんもカラッチさんとは初対面、感激の挨拶です。
新宿ではぴとこさん、こちらも初めましてなのに、すぐに打ち解けて、楽しいオフの始まり〜〜〜
食い気の多い私たちは、最初のオードブルの写真撮り忘れ・・
P8210042 メインはオマール海老の何とか・・
次はスープでしたが、最後はデザート
P8210045 この状態で来たデザートは好きな様にアレンジしてお召し上がり下さいと言うので。
P8210046 この様に変身させて頂きました。
美味しかったです。

楽しいオフが出来たのもカラッチさんの日頃の楽しい交流の賜物です。
カラッチさんの旅が楽しく続きます様に(^^)

2006年8月15日 (火)

冬瓜

我が家の冬瓜が育っている(^^)
夏になると冬瓜が出回るのが楽しみ。
今年は近くで苗を売っていたので、出来るかどうか分からないけど、と駄目元の気分で植えて見た。
どんどん伸びて来て小さな実が3つ程見えた。
その中の1つが大きくなって来た。
後の実は駄目だった。
P8150001 これを何時収穫したら良い物かと毎日眺めている。

楽しみだわ〜〜♪

2006年8月14日 (月)

暑中見舞い

暑い日々です。
世間はお盆休みと言う事で道路等の混雑をテレビで見ていると、出掛けなくて良かったと思う。
まぁ、出掛ける所が無いと言えばそうなんですが・・

それでも、土曜日は先日の甥の結婚式でバイオリンを弾いた姪のリサイタルへ出掛けて来ました。
夕方からですから、その前に日暮里で買物をと家を少し早く出ました。
東京駅には2時頃到着、山手線に乗る頃は空も真っ暗になり雨が降り出した。
日暮里に着くと土砂降りの雨。
そんな中を買物をする為にお店に入ると、とたんに雷の轟音。
店内の有線も切れてしまった。
停電はしなかったのが不思議。
別の店で買物をしていると小雨になり、更に別の店を出る頃は雨も上がっていた。
日暮里駅に着くと山手線は不通、落雷の影響でとアナウンスが有る。
仕方が無いので京浜東北で赤羽へ、そこから埼京線で新宿迄出た。
義弟夫婦と新南口に通じる高島屋入り口で待ち合わせしていたのですが、ここは初めての所。
とても奇麗な所になっている。
しかし、新宿は一旦外に出るとまるでどこに自分が居るのか分からなくなる。
慣れない町ではこんな事になるのですね。
義弟たちと一緒でなかったら会場にはたどり着けなかったかも知れない。
リサイタルはこじんまりとした会場で、しっかり演奏を楽しんで帰る事が出来ました。
音楽にしても何をするにしても、子供の時からしっかり研鑽を積まなくてはならない。
そうして実を結ぶ物があるのだと実感した。
姪が今有るのは、母親の力が大きいと改めて感心する。


2006年8月 6日 (日)

花火大会

昨日は、何時もウォーキングに行く施設で花火大会が有った。
ここは、袖ヶ浦市の主催で行われる行事で、午後の1時から入園無料になるんです。
お向かいのSさんとお嬢さんの3人で三時頃家を出る。
既に混雑と別の友人から現地の状況を知らせる電話が入っていた。
ここは、道の両側が駐車場になっていて、一方通行なので、中々良く出来ていると何時も思っているのですが、出来るだけ、出口に近い所に止められたら、帰りは楽なので、順番に止めて行く。
車を置いて、花火の見られる場所へマットを敷いて、暑いので、園内で催されているイベントを見て歩く。
P8050001 P8050002

この丘の上から花火が上がる。こんな広々とした所に場所を取る。
イベントは色々有るが、私たち主婦には安い野菜は魅力的。

子供達の可愛い踊りや、若く無い人のフォークダンスとか、ヨサコイとか、売店では、ステーキ、イカ焼き、焼きそば、たこ焼き、その他色々有る。
P8050005 P8050006


ようやく夕暮れになる。
回りも人が増えている。
と言っても混雑でも気になる程では無い。
8時からお待ちかねの花火です。
花火を寝転んで見られるのがここの魅力です。

P8050010

P8050011_1


今年は見応えの有る花火が次々と上がり、初めて一緒に行ったSさんのお嬢さんも喜んだ。

2006年8月 1日 (火)

ブルーベリー

今年の収穫は例年より遅い。
とまるで、農作物の出荷状況の様な物言いになってしまった(^^;;
P8010004 これで、大体1.2キロ程、2〜3日おき位に収穫して、毎年十数キロ取れる。
実が黒くなっているのを取っていると、時々猛烈な痛みが来る時が有る。
それは、いが虫と言うのか、葉の裏に巧妙に隠れていて、姿が中々見つけられない。
刺だらけの虫です。暫くその痛みが取れなくて困るんです。
そんな時は、奥の方になっている実に手を伸ばす勇気が無くて、手前の物ばかり取ったりしている。
蚊にも注意です。
蚊取り線香を腰に下げて、胸元には何処でも○ープを付けているのに、靴下の短めな物を履いたのが失敗、アキレスの弱みと同じで、ズボンと靴との僅かな隙間を狙った蚊に刺された(>.<)
このブルーベリーのジャムを待っている人が居るので、2回程の収穫でジャム作りです。
娘の友人はもう何年も美味しいと楽しみにして呉れています。
私がジャム作りをして一番に送るのが三島に住む幼なじみのムッちゃんです。
中学の同級生で、普段は特別の付き合いは無いんですが、何か有ると、一番心をこめた心配りをして呉れます。
夫が亡くなった時、特別心配かけまいと知らせなかったのですが、別の用事で電話を掛けて来て、その時の私の様子が変だと感じたのか、何か有ったかと聞かれました。
夫の事を話すと、すぐに、何のお手伝いも出来なかったからと、手作りの小さな持ちやすい手提げバックを40個送って呉れた。
それで、色々お世話になった人に差し上げて欲しいと言うのです。
びっくりしましたが、言われた通り、お世話になった人たちへ届けるととても喜んで呉れて、良いお友達を持っているのねと感心された。
だから、私の出来る事の一番の物、ブルーベリージャムはむっちゃんの所へ送ります。
そして、次は娘の友人、私の友人や姉や義姉たち、これから忙しくなります(^^)
美味しいと言われると頑張るし、張り切ります。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »