最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

ひな祭り

今日は、お友達と勝浦のビックひな祭りに出かける。
宣伝が行き届いて来たのか、去年より平日で曇り空にも関わらず人出は多い。
関係する町の方も喜んでいるでしょう。
P2280004 P2280005








魚屋さんとお菓子屋さんの店の中
P2280006 P2280007








金物屋さんの小道具はスプーンだったり、バケツの上に置かれたり
クリーニング屋さんの壁には竹取物語風のお雛様
P2280010 P2280011















圧巻は遠見岬神社の外階段のお雛様と空き地に飾られた物
P2280012 P2280024








町を散策しながらの楽しい雛ウォッチングだった。

2006年2月26日 (日)

雨の日曜日

P2250003




冷たい雨の日曜日になった。
庭の梅はまだ咲いていないが、近くでは満開の様になった所も有るので、遅いと言いながらも、春は近づいていると思う。

ボタニカルの先生の絵を玄関ホールの壁に飾った。
飾った所を写真に撮ったのでいまいち。
上からギンモクセイ、ウスギモクセイ、キンモクセイが描かれている。
真ん中のウスギモクセイが平成4年に描かれて、翌5年の秋にギンモクセイとキンモクセイが描き足されている。
ボタニカルでは良く有る構図で、春に花、秋には実を描き足して1枚の絵にする。
このウスギモクセイは先生が30年前に神代植物園で初めて見てからの追っかけのこだわりの花だったらしい。
何処にでも有る木では無く、採取出来なかったらしい。
しっかりした線と光と影、そして、先生の植物に対する心が表れている絵だと飽きず眺めて幸せ。
不肖の弟子ですが、植物に対する心映えだけでも少し身に付いたら良いかと思うのでした。


2006年2月24日 (金)

小湊鉄道沿線ウォーキング

昨日は、町内の友人と小湊鉄道沿線の里歩きコースの紹介を見て7キロ程歩いて来た。
鉄道沿線には8コース程紹介されているので、手始めにと里見駅に車を置いて、月崎迄を歩くコースを選んだ。
途中には、手彫りのトンネルが3つ有った。
P2230017

最初のトンネル
中はちゃんと電気が有ったので安心して通る









P2230019

次のトンネル
ここは距離が短いので電気は無かったが何とか通過する









P2230021

第3のトンネルを出た所
ここは一番長いトンネルだった。
トンネルの上が四角、丸、三角と作り手の都合だったのか。








このトンネルからすぐ、月崎駅が有る。
帰りは月崎駅から電車で2つ里見駅へ戻る。
どちらの駅も無人で、中々面白い所。
途中には寺院も有り、里の景色も良かったし、市原って広いを実感した。

2006年2月21日 (火)

至福の時

猫にも好みという物が有る様です。
猫のりんごは耳を触られるのが好きで、娘の所へ行っては、なでて貰っている。
P2210003













こんな時は至福の時間なんでしょう。ゴロゴロと喉を鳴らして、時にはよだれ迄と言うから、何と言う猫かと呆れる。
こんな風に自分が甘えたい時は徹底的に甘えて、後は知らん顔か寝ている。
P2210004













これは仕上げで、頬をなでられて満足して、後は好きな所へ移動して寝てしまう。
この所、私の友人がリフォーム後を見学に来ては、猫にも声を掛けていく。
そんな時は、ちょっと気取って、可愛げな声を出したりする。
まったくのぶりっ子だ。
おやつが欲しい時は、精一杯の大声で、それも、塩辛でも舐めたかの様な汚い声で鳴く。
そんなこんなの猫が居て、我が家は癒されているのです(^.^)

2006年2月18日 (土)

ひな飾り

リフォームが終わり、やれやれのはずなのに、ボタニカルの展示会の当番に行ったりして少しも家に落ち着いていられない。
と言っても、ぼやいている訳では無い。ひな祭りも近いので、何とか時間を作って飾った。本当は毎年飾るのが良いとは言われるが、子供も大きくなって忙しいとパスしていて、数年おきになっている。

P2180008




























このおひな様は私の物で、かなり年数が経っている。
子供達が小さな頃、上の娘は、割合この手の物に悪戯はしなかった。
下の娘は、中々やんちゃで、牛車の牛を「ワンワン」と言いながらいきなり剥がして手に取っていた。
気が付くと、小道具を手に持って遊んでいて、中には折れた物も有る。
そんな変遷を通り、今は落ち着いてあるがままで夫々の位置にいる。
今一番心配なのは
P2020002 P2140004 この子たち。
2日目、猫も大人になったのか、無事に過ごしている。

2006年2月15日 (水)

暖かな1日

昨日は、津田沼の丸善ギャラリーで、今日から始まるボタニカル展の絵の搬入日で出かけた。
今日は初日、私たちの先生は、70代の方ですが、とてもフットワークが軽く、お元気で絵も素晴らしいので、自分が習うと言う事と、先生の植物についての話を聞いたり、先生の絵を見せて頂くのを楽しみにしたりでお稽古に通う人も多い。
私もそんな一人で、絵は楽しむと決めている。
家をリフォームしたので、今回はどうしても先生の絵が欲しかった。
それで、会場に一番に行き、念願叶って売約シートを貼る事が出来た。
先生の絵は、見ていて飽きない、何時見ても引き込まれるのに、疲れない。
お上手な方は沢山いらっしゃる、でも、作品では有るけど、こちらに伝わらない。
絵も怖い物が有ります。その人の気持ちが出るのですね。
上手に見せたい、人から評価されたいと思うと、何処かに出てしまう。
それは、毎日の生活でも言える事かと思い至るのです。
自然が一番よと言われている様で、先生にはまだまだ学びたい事は山積みと、不肖の弟子は思うのです。

帰りの電車で、ふと上を見ると、週刊誌の中吊り広告。
秋篠宮家に第3子がの見出しが踊る。
何だかお気の毒、普通の家庭なら単純に喜ばしい事なのに、これからの事も含めて、どんなにお静かにと言っても、誰もそうはさせない。
男か女かが最大の関心事で、結果いかんでは将来に渡っての取り決めがなされるだろう。
何とも、デリカシーのかけらも無さそうな人たちがあれこれ言うのを聞くと、あの方達は人としての幸せを感じてはいけないのかと思う。
男の子を生む事があの家に入った使命の様なのには・・
自分の娘だったら、親なら心配で気が休まらないのではないかな・・
何よりも、高年齢での出産に雑音は入れないで、心安らかな状態でその日を迎えてあげられないかと願うばかりです。

2006年2月13日 (月)

築地へ

リフォームも無事に終わり、何とか荷物も元に押し込んだ。
後は、壁に掛けて有った時計とか、絵とか、そんな物を石膏ボード用のフックを取り付けて掛ける。
それは、新しい壁紙です、やたらの所にブスブスと穴を開けるのもと、少々慎重を期する所ですから急ぎません。
ようやく落ち着いた元の生活に戻った。

上の娘が会社が休み、前から行きたいと言っていた築地へ行く事にする。
途中の駅から電車に乗り込んで来た娘と、あれこれお喋りしているうちに八丁堀の駅。
そこから地下鉄で一駅で築地です。
お昼少し前に着いたので、お寿司でも食べようと言う事にした。
美味しいお寿司に満足して、お店を見て歩く。
2130002

山猫と書いて有った。











2130003 賑わっている市場には様々な魚や、野菜、見ていて飽きません。
私たちは、美味しそうな卵焼きを買う。











その後、二人で、舞浜のイクスピアリへ行き、買い物をする。
バレンタインが近いので、チョコレート売り場に若い女性が群がっている。
その中に二人で入り、娘は自分用に好きな物を買う。私は下の娘と自分用にと買う。
二人で、自分へのプレゼントだよねと、あまり夢の無い会話をしつつ次の目的地へ。
最近出来た、新習志野のインテリアの大型店。
二人で色々欲しい物が有り過ぎだわと言いながら、小物だけ買って、京葉線沿線買い物したり、見たりの1日ツァーは終わりました。

2006年2月 8日 (水)

仕上げ

今日は、最後の電気関係の工事と網戸の張り替え。
年末はリフォームの事も有るしと、大掃除はしなかった。
網戸を替えると窓の汚れが目立つ。網戸を外す間、窓掃除、2階の窓は中から磁石で外が掃除出来る道具を使ってやる。
最後の1枚の所で、手が滑って外側の部品を落としてしまう。
そんな時の為に手に紐が繋がる様になっているので、持ち上げてみると、下の窓のひさし部分にビタッと磁石が利いて外れない。
最初からドジしてる。
次に本棚に本を戻す。
時々、古い写真が出て来る。つい見入る。
古い物は、上の娘が3歳の誕生日、30年前、当然私も若い!32 歳ですからね。
10年前の物、初めて登った至仏山へ群馬のトラベエさん夫妻と酒呑童子さんとの楽しそうな笑顔が若い。
パソコン通信全盛期、会議室も盛り上がって、オフも色々有り、それが今に続いている。
等とあれこれ思いながら写真を見ていると、仕事は大ブレーキ。
それでも、何とか元に戻して終わった。
電気工事も終わり、工事用に敷かれたビニールの通路も取り除かれた。
夕飯は天ぷらにする。
天ぷらの時は専用のコンロを使う。揚げ物にセットすると、温度設定をする。
180度にすると、温度をキープするらしい。
最近の機器は優れている。何だか天ぷらが美味しい・・
残す所は金曜日にカーテンレールの取り付け、クリーニングしたカーテンを取り付けて完成。
4週間、職人さん管理をきちんとして、効率よく仕事が捗る様に気配りした若い建設会社の店長さんにお世話になった。
この会社との縁は、私が数年前玄関ドアの直しをメーカーにメールで問い合わせして紹介して貰って以来。
少し遠い所に有る建設会社でしたが、それ以来、何かと寄って呉れたり、ドアの具合を聞いて呉れたり、その誠実な姿勢から今回のリフォームもお願いする事になったのでした。

この会社の社長さんは店長さんはお父さんになる。
誠実な仕事が、こちらとの信頼関係として実を結ぶのですね。

2006年2月 6日 (月)

後一歩

キッチンが完成して、壁紙も張り替えられた。
昨日は日曜日だったが、絨毯の張り替えに来た。
後は、カーテンレールが付けばカーテンを取り付けられる。
玄関の改装は残っているが、それはまぁ、生活に不自由と言う事では無いのでリフォームも後僅かで終わる。
b2 今迄使っていたキッチンはとても気に入っていた。
コンロも4つ付いていて、全部使う事は滅多に無かったけど、便利だった。
扉も全部木製で、家中のドアや、吊り戸棚も全部同じ仕様になっていた。
それでも、器具が古くなって来て使い勝手が悪くなって来た。






a2 新しいキッチンはシンクを広くして貰い、水がシンクに落ちても静かと言うタイプ。
コンロは3つ、魚焼きが付いている。
魚焼きは要らないと思っていたが、無しのタイプは8万も高くなると言う。
子供達が付いていても良いのではと言う。
今日初めて魚を焼いてみた。
奇麗に焼ける、早い。やっぱり付けて良かった(^^)
換気扇も自動で動く、こちらの行動が足りなくなるのを補って呉れる様だ。
何より沢山収納出来て、取り出しも簡単。

でも、まだカーテンが付いていないので、かなり寒い。
外から丸見えだと思う。
食堂や居間は2階なので、まだ助かっている。

今日は、頑張って、改装しない部屋に片付けて有った物を元に戻した。
まだまだ食器が戻っていないが、それは明日の仕事にしよう。

2006年2月 3日 (金)

リフォーム

リフォームが始まってほぼ3週間近くなる。
お風呂は改装も終わり、気持ち良く入っている。
核心部のキッチンは取り付けは終わったけど、クロスとか、絨毯とか、電気関係がまだ完成していないので、食事の支度は出来ない。
始める前は、避難訓練等と言ってたけど、毎日の総菜が買って来た物と言うのに、いささか飽きて来た。
今日は、玄関の下駄箱の取り外しに来た。
私の部屋は玄関の横。朝から大きな音と、玄関が工事現場状態。
猫も寝ていられなくて、ほぼ起きていた。
御陰で夕方からはぐっすり寝込んでいる。
電気屋さんが入って、今迄ここにもコンセントが有ると便利だなと思う所に増設して呉れると言うので嬉しい。
すっかり新しくなると、古い物がとても汚く見えて、新たに、カーテンレールも取り替えをお願いする。
等等、工事状況で、打ち合わせ以外の事も発生している。
さすがに私も疲れた。残す所後1週間、ガンバ!と言い聞かせる。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »