最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 別れ | トップページ | 粟又の滝 »

2005年11月 8日 (火)

東大研究博物館

511ネットの知り合いの情報で、東大研究博物館へディオニュソスとペプロフォロスの展示見学へ出かけた。
この展示会にやはりネットの知り合いのぴとこさんも行くと言うので、ご一緒する事になった。
お会いするのは初めてですが、日頃のブログでの書き込みから、素敵な方と思っていたので、楽しみに出かけた。

この展示会は、東大の様々な分野の方達による発掘調査の途中で見つけられた大理石の2体の像の展示です。
イタリアのポンペイとはヴェスヴィオ山を間に挟んで、北麓の位置に有るソンマヴェスヴィアーナの遺跡です。
発掘時の研究者の喜びが伝わる書き込みを見ると、感動がこちらにも伝わりどんな様子で有ったかと想像するだけでどきどきした。
今回、万博に展示されていたものが、イタリアへ帰る前に東大総合研究博物館に11月13日まで特別展示されている。
この展示は無料です。

本郷3丁目駅での待ち合わせ、お互いすぐ分かりました(^^)
初めてと言う気がせず、すぐに打ち解けて、お話ししながら東大の赤門をくぐります。
今迄、東大の前は通った事は有りましたが、中へ入るのは初めて、建物の古い所に歴史を感じさせます。
真っ先に目的の展示をじっくり見て、帰りにウニの分類やアンモナイト等の展示を見てから、三四郎池に向かいました。
今日は、仕事が休みの娘のお昼に魚雷サンドを作ったので、お昼にと持って来ました。
三四郎池のベンチに座って、お昼に魚雷サンドを食べながら、色々なお喋りをして止まる所を知らないのがネット仲間です(^^)
風も涼しくなったので、そぞろ歩きしながら秋めいて来た構内を後にして、お茶を飲んで楽しい1日は終わりです。


« 別れ | トップページ | 粟又の滝 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

これに行けたのかな?と気になっていたの
お義兄さんのこと残念でしたね・・

ぴとこさんと会えて、ステキナ時間過ごして良かったですね
私も三四郎池くらい見て来ればよかったな~

お世話になりました。魚雷サンドも・・おいしかったァ。

歴史に詳しい山百合子さんに赤門の由来なども聞けて、ご一緒できて楽しかったです。

えみ丸さん

教えて頂いて、その上書き込みから、ぴとこさんとご一緒する事が出来て楽しかったです。
大理石の像の持つ、不思議な暖かさに触れて、発見時の研究者の興奮も伝わって来ました。
発掘途中の写真からも良く分かりますね。
義兄の事が有り,日にちを延期しての事でしたが、お天気にも恵まれて、三四郎池のベンチでお喋りも良かったです。
トラックバックもありがとう。

ぴとこさん

楽しい時間でしたね。
ぴとこさんのブログも見て来ました。
的確に展示の事を書かれていて、さすがです(^^)
魚雷サンド、美味しいと言って頂いて嬉しいなぁ〜
家に帰ると、残りは娘が全部食べてありました。
まぁ、娘のお昼だったのですが・・

魚雷サンドは本当においしいです。
私もまた作ってみようかな。。。

いくさん

魚雷サンドを持って、秋の東大三四郎池で食べましたが、外で食べると一層美味しかったよ(^^)
子供が好きなのよね、私も、丁度娘が休みで家に居ると言うので作ったのです。
いくさんは、中身を変えたりして変化をつけるものね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/6976963

この記事へのトラックバック一覧です: 東大研究博物館:

» 「ディオニュソスとペプロフォロス」 [冬の虹]
   東大前案内 「ディオニュソスとペプロフォロスー東京大学ソンマ・ヴェスヴィアーナ発掘調査隊の一成果」 私はこういう展覧会があることを知らなかったのだが、Takさんの記事を読みどうしても行きたくなった 今まで、ミロのビーナスもロダンもマイヨールの女性たちも私にとっては作品だった そこに、急にローマ人が迫って来たのだ 2003年の9月の夕方「東京大学ソンマ・ヴェスヴィアーナ発掘調査」の手によって見つかった2000年前ローマ時代の彫刻 この発見の経緯はパンフレットに詳しく載っているのだが、感動す... [続きを読む]

» 東大研究博物館 [わびすけ庭]
山百合子さん40年くらい前に東大の赤門の前に立った事あります 初めてトラックバッ [続きを読む]

« 別れ | トップページ | 粟又の滝 »