最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« タマムシ | トップページ | 旅のおまけ »

2005年9月 4日 (日)

田代山


土日と福島の田代山へ出かけた。
土曜日の舘岩村の天気予報は、朝夕が晴れで、中は雨?だった。
歩きはじめは薄日も射して、予報は当たりだけど、この先も晴れかと期待した。
山頂は、広い湿原になっていて、実に気持ちの良い所、リンドウが濃い紫色で、日が射さないのでつぼみ状態でも奇麗な色が湿原のアクセントになっている。
そこから、帝釈山を目指して、少し下り、トラバースの道を
行き、いよいよ急登の道になるかと思った時に大粒の雨。
雨もそれ程でも無いので、ザックにカバーをして傘を手に持って戻る事に決めた。
湿原に戻る頃には薄日も見える。
こんな事も有るよねと、ちょっと残念と写真を撮ったりして下山に掛かり、樹林帯に入ると、いきなりの大雨と雷。
頭の上を雷鳴が響き渡り、登山道もあっという間に小さな流れになっているのを無我夢中で急ぐ。
途中の小田代と言う所は、林が切れるので、こちらはむき出し状態になる、木道を滑らない様に小走りに通り樹林帯に駆け込む。
いきなりの雨で、雨具を着る間も無く、装着するその時間を惜しんでの雷に追われる様な下山だった。
汗と雨で濡れてしまったが、何とか安全地帯と思える所迄下り、やれやれでした。
この汗は半分冷や汗だったかな。
車に戻ると、雨も止んで、薄日が出て来た。
山頂へ行った人はどうしたか、心配したが、私たちが帰る頃迄には下山して来なかった。
泊まった宿では、去年、田代山で雷で亡くなった方が居たと聞き、早めに下山して良かったと改めて、胸なで下ろしたのでした。


« タマムシ | トップページ | 旅のおまけ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/6608449

この記事へのトラックバック一覧です: 田代山:

« タマムシ | トップページ | 旅のおまけ »