最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 自然教育園 | トップページ | 春の収穫 »

2005年4月12日 (火)

地震

昨日の朝は、ぐらぐらっと来て、その時間も長いと感じた。
最近は、各地で地震が来ていて、心配は多い。
ネットの知り合いから携帯メール、故郷の友人から電話、ネットの掲示板にも心配の書き込みがあり、とても嬉しく、心強く感じた。
午後にも揺れて、余震とは思いながらも気持ちの良い物ではない。
天災も無く、何事も起きず平和に暮らせたら良いのに、と叶わぬ願いをして見る。

心配して外出を控えてもいられない。
今日は、社会人になって初めての休みの娘と、上野へ。
寒くて雨の東京でしたが、国立博物館の弥勒菩薩展と科学博物館の恐竜展のはしご。
中宮寺の弥勒菩薩は美しい姿でしばし見とれる。
お寺に有る時は後ろ姿も見られないし、照明も無いだろうから、綺麗に効果的にライトアップされて、仏様と言うより、美術品として見られた。
丁度、解説の有る日で、研究員から興味深い話が聞かれた。
法隆寺に聖徳太子と同じ体の大きさの像が有り、弥勒菩薩はその像とほぼ同じ座高なのだそうです。
仏像の座高はその人の身長の半分の丈と決まっているので、それから考えて聖徳太子は175センチ位の身長だったと。
長身だったのですね。
そうして、古い歴史上の人の身体的な事の分かるのは世界でも例がないそうです。
私は、その様な歴史的な話にとても興味が有り、太子がもっと身近に感じられる。
出来たばかりの時は、彩色されていたと言うが、1400年も経ってて、その間お身拭いと言う行事で体を拭かれてすっかり漆でも塗ったかの様に黒光りしている。

博物館を出て、科学博物館へ恐竜博。
こちらは娘の希望。
世界最大のティラノサウルスの全身複製骨格の展示で、名前がスーと呼ばれている。
説明ではこのティラノサウルス、調査隊の車の故障で、修理に出掛けた皆が居ない間に、残った隊員が偶然見つけた。
その見つけた隊員の愛称からスーと名付けられたそうだ。
土地の所有者との所有権争いが起きて、裁判で土地の所有者の物になり、それがオークションに出されて、10億でフィールド博物館が落札したと有った。

上野の森は、すっかり桜も散って、冷たい雨に打たれていた。
今年の桜は一気に咲いて、ぱっと散ってしまった。
一週間前に、満開になったのにと、ゆっくり花見の出来なかった事を残念に思う。


« 自然教育園 | トップページ | 春の収穫 »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/6608403

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 自然教育園 | トップページ | 春の収穫 »