最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月31日 (木)

骨密度

長野旅行から夕べ帰って来た。

今回は電車で行き、レンタカーを借りての行動とした。
全部車で行くと、やはり疲れる、この手が中々良いと思った。

今日は、骨密度の検査に病院へ行った。
今迄は、腕とか、足での検査で少なくなったと言われて、今回はもっと精度の良い検査をと言う事で、腰で計る事になった。
検査は、簡単な専用の服を着て、ベットに仰向けになる。
5分位で終わると言い、動かずにいると、スキャナーと同じ音がする。
まぁ、骨をスキャンするのだからと思うが、ちょっと可笑しい。
カルシュームの多い牛乳を飲んでいるけど、結果はまだ先の診察の時に聞く事になる。

2005年3月27日 (日)

オフ会

昨晩は、パソコン通信時代からの山仲間の飲みオフ会に出た。
場所は新橋の中華料理屋で、夕方の6時からだった。
10年程前は、パソコン通信全盛で、総勢50名程が賑やかに集まり、本当に皆さん元気だった。
最近は、続いているお馴染みのメンバーに子供も参加して、和やかな雰囲気になって来た。
私も、久しぶりの参加で、同窓会の様な、楽しいオフで、パソコン通信のお陰でで知り合いになれた、貴重な友人だと改めて思った。
ここでは、性別年齢を越えた、親しみの有る交流が続いている。
そのきっかけを作って呉れたフォーラムも消えるらしい。
時代の変化なんでしょうか・・・

明日から
長野に出掛けます。
福寿草の群落を見たい、山菜を取りたいと色々楽しんで、水曜日迄です。

2005年3月24日 (木)

たんぽぽ


山菜、野の草の好きな友人が、たんぽぽの胡麻和えが美味しかったと言う。
タンポポなら見つかるだろうと思っていたら、庭のあちこちから出ている。
早速、収穫、丁寧に洗い、茹でて今夜の一品になる。
家族の理解が得られないと困るので、黙って出すと皆、美味しいと言う。
食べ終わって、タンポポと言うと、しばし絶句、でも、美味しいからと喜ばれて、良かった(^^)

2005年3月23日 (水)

卒業式

今日は娘の卒業式だった。
朝から、グランマと二人で袴をはかせる。
着物は浴衣位しか着た事の無い娘は、紐で縛られるのが苦しいと騒いでいる。
これでは運転は無理なので、駅迄送る。
見送る母、出来れば、もう少ししとやかな歩きが出来ない物かと思うが、普段通り、颯爽と階段を上がって行った。
何だか、不覚にも胸に迫る物有り。
細腕と言うには無理が有るが、太腕で乗り切ったと少し大袈裟な感慨を持つ。
まぁ、この子が居たから頑張れたと言う所も有るから、持ちつ持たれつと言う事かなと。
これからは、自分で切り開いた人生を歩んで貰いたいと願って、母も少し卒業しよう。

2005年3月20日 (日)

祭り寿司


今日は寒かった。
こうして暖かくなり、寒さの戻り有りで春は一歩づつ近づいて来る様だ。
今夜は、バラの花と四海巻きの祭り寿司を作った。
友人にレシピを送ると約束して有ったが、プリントを送るより、実際に作るのをデジカメで撮ってと思っていたら、HPのレシピの部屋が一番楽と気が付いた。
このお寿司を持って、明日は、娘と山へ行こう~(^^)

2005年3月19日 (土)

春うらら


先日迄の寒さが嘘の様な暖かさ。
春はもう来たのかと言ううららかな中を、久しぶりにウォーキングに出かけた。
同病の友人ともどもしっかり使い捨ての立体マスクをして(^^)
久しぶりに歩くと、小さかった菜の花も咲きそろい、ラッパ水仙もつぼみを膨らませている。

家のカトレアも咲いた。
庭の枯れた草花の後にポピーの苗を入れる。あちこちから草花の芽が見える。
掘り返す土も随分暖かい。
季節は春に近づいているのを実感。

2005年3月17日 (木)

その2


こちらは白のスハマソウ(ユキワリソウ)

スハマソウ


昨日は、春の様な暖かさだった。
ネットの友達SAKURAさんと、moguさんの3人で高宕山へ登った。
今の季節には、春の気配のする花が咲いている。
と言う事で、毎年出かける私が案内する事になった。

出発は10時半過ぎ。
最初に、ネコノメソウを見つけて写真を撮る。やがて、シュンラン、お目当てのスハマソウを見つける。
今年も無事に花の咲いているのを確認してほっとする。
ヤマルリソウ、タチツボスミレも可愛い。

山頂で、色の濃いスハマソウの情報を貰い、回り道をした。
初めて見る、スハマソウのピンクに感激。
しかし、千葉の山は侮れません、アップダウンロングコースになって、出発地に戻ったのは5時近くなっていた。

2005年3月15日 (火)

花粉が飛ぶ


風が顔に当たると、花粉も沢山付くのだろうと思うと、何となくくしゃみが出そう。
使い捨てのマスクをすると、匂いに敏感な私、そのマスクの匂いで気分が悪くなる。
今迄何とかと思っていたが、ついに薬を飲んで見る。
明日は、千葉の高宕山へ行く、楽しみだが、花粉は飛ばないでと願う。

榛名富士を湖畔から見た写真。
湖の氷が溶けかけていて、岸近くに行くと、氷の溶けるきしみ音が聞こえた。

2005年3月14日 (月)

親子で旅行


週末は、親子3人で伊香保へ。
下の娘の卒業記念旅行です。
何処へ行きたいか、色々迷いましたが、温泉でまったりと意見が一致、場所は上の娘の伊香保と言う希望に合わせた。

石段街が有名ですが、中々風情が有り、最後の神社まで登る。
それからの階段は、雪をかぶっていて、登れなかった。

温泉は、黄金色と言う通りの色で、いつまでも暖かさが残る良い湯だった。

親子3人では、喋りの方も盛んで、言葉遊びも楽しく、笑ってばかり。
榛名湖の凍結、榛名富士からの眺めも素晴らしく、伊香保の夢二記念館の雰囲気も大正ロマン一杯で、楽しく、美味しく、暖かな旅になりました。

2005年3月10日 (木)

図書館

この所の暖かさで、出かけたいけど、花粉が飛ぶ。
以前より症状は軽くなったが、今年は異常に飛ぶ量が多いと聞くので、怖いです。
と言いつつ、図書館に行く。
以前は、貸し出し期間はきっちり守れた。
むしろその前に返却してすぐ借りた。
この頃は、遅れがち、読み進むのが遅くなったのだろう。

目が悪くなった時に、あまり外出も出来なくて、家にいて目につくのが、無駄なと言うか、利用しない物の多さだった。
その時、かなりの物を処分して、これからはもっとすっきり暮らそうと思った。
読まない本もその中に一つ、読みたいと思ったら図書館に行っているのだからと、実用で使う本以外は処分した。
お陰で、本箱も処分出来た。

あれから、約3年、何となく元の木阿弥状態かな・・整理整頓がです。

土日に図書館へ行くと、返却された本も多いだろうと出来るだけ行く様にしていた。
今日は平日、とても静かで、ゆったりと本が選べる。
図書館へ行くのは平日にしようと思った。

2005年3月 8日 (火)

暖かな1日


今日は暖かかった。
先週末の雪は何?状態です。

土曜日は、心配していた雪もかなり溶けていたので、無事、駅迄車で行った。
山梨は思った程の雪も無く、ちょっと拍子抜け。
それでも、登った荒倉山の道にはしっかり雪が付いていて、先頭の人の付ける足跡で、随分楽をさせて貰った。
泊まった宿はログキャビン、雪の中で雰囲気が良かった。
ここは、標高としては千メートル位有るとかで、それなりに雪が有った。

歩いている間は汗が出る程だったし、帰りの月曜日は急に暖かくなり、ダウンの上着は少々邪魔。
春も本当にすぐそこなんですね。
でも、やって来ましたね。
くしゃみ、目のかゆみ、あまり出かけない方が良いでしょう。

2005年3月 4日 (金)

大雪


朝、庭を見ると真っ白の大雪。
昼過ぎまで降り続く。
夕方、家の前の雪かき、玄関から門迄の雪を除ける。
車の上の雪も下ろす。
久しぶりの作業で、腰痛。
明日から出かけるのに、何と言う雪なんでしょう。
参ります

2005年3月 2日 (水)

ひな祭り


勝浦のビックひな祭りに出かけた。
今回は、速攻でレポを山の部屋へアップ
中々楽しかった。

詳しくはそちらで見て頂けたら嬉しいです。

2005年3月 1日 (火)

ミスミソウ


ユキワリソウも綺麗だった

3月


今日から3月、早く春に、そして暖かくならないかと願う日々です。
この所、風も冷たい、それでも日差しは強くなって来たと感じてはいる。
昨日から、娘のチュウコは沖縄へ卒業旅行へ出かけた。
母は若干寂しい・・

前々から本物のセツブンソウを見たいと思っていた。
佐倉に有る川村美術館の庭に少しだけど咲いている、の情報を貰い、ネットの友達SAKURAさんと、moguさんと美術館で待ち合わせる。
もう終わっているのではの心配は外れて、可愛い花に出会う事が出来た。
天気も予報に反して晴れ、これは3人の行いが良いのか、最近晴れ女を自認しているmoguさんのお陰か(^^)
セツブンソウの回りにはミスミソウ(ユキワリソウ)も咲いていて、3人で写真を撮る。
少し大きいが、フクジュソウも咲いていた。

美術館では上村松園親子3代の日本画の展示も見て、園内の散策もして、女3人の楽しいお喋りも有りの中々充実した1日だった(^.^)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »