最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月28日 (月)

クリスマスローズ


ようやく風邪も抜けて、元気になって来た。
庭のクリスマスローズもようやく開いて来た。
下向きに咲いているので、良く見ないと分からない。
白い花もあるけど、まだ小さな頭を覗かせているだけで、まだ咲く気配は無い。
まだ寒いけど、春は一歩づつ近づいて来ている。

2005年2月26日 (土)

お葬式

母方の従兄弟のお葬式で静岡へ行った。
千葉を出る頃は、寒かったけど晴れて居て良かったと思ったのに、三島を過ぎた辺りから雨、傘は無いしと思ったら静岡では晴れ。
中々忙しい天気だ。
こんな時で無いと中々親戚とも会わなくなって、お互いにこんな事で会いたく無いねと挨拶する。
従兄弟はまだ45才、写真の顔は、少し若い元気な時の笑顔で、この従兄弟が生まれた時の事なんかを思い出していた。

回りの景色は久しぶりで、すっかり様子の違う駅前等、私が暮らしていたのは、良く考えたら、30年前と変わるのも当たり前と言う月日だった。
参列者の中に長野からと言う方がいて、暖かいねと聞こえる。
日頃の環境の違い、私は、とても寒い日だと思ったから。

2005年2月23日 (水)

世界らん展


風邪の症状が長引いて、いつになく気分の悪い日々が続いていた。
前々からの約束の世界らん展へ行かれるか心配だった。
どうやら持ち直して来たので、暖かくして出かける。
昼過ぎにドームに着いたが、もう何年も来ていないらん展は相変わらず盛況の様だ。
以前らんを扱う会社で働いていた頃、らん展に出店した時に手伝いに出たり、初めてのらん展に来た頃の事等を思い出していた。
大賞の花の回りは混雑、今年の大賞は小さな鉢一杯に葉も見えない程花が付いている。
育てにくい種類の花をここまで育てるのは、苦労と楽しみとで趣味家と呼ばれる人にとってはの醍醐味だろうと思う。
以前仕事をしている頃に何度かお目に掛かった事の有る人なので、少し身近に感じる。
鉢一杯にカトレアの見事な花、会場のあちこちのディスブレーの花の見事さ、栽培者の集大成のお祭りになっている。

2005年2月15日 (火)

風邪

金曜日の夜から咳が出る。
土曜日の朝、9時半、町内の病院へ行く、既に番号は57番・・・
受付の人は、お昼頃になると言うので、一旦家に帰る。
12時頃に病院へ行くと、まだ駐車場に車も入れない程の混雑、それから1時間待ってやっと診察を受ける。
風邪の引き始めですねと言われて、薬をどっさり貰って帰る。
午後からは熱も出る、咳も出る、久々苦しい。
月曜日の午後からは熱も下がったので、今日は、朝から起きている。
普段は平気なのに、家の掃除、その他諸々、体が思う様でないと言う事の不自由さを感じている。

2005年2月10日 (木)

卒業式の袴


チュウコの卒業式で着る袴と着物を選びたいので一緒に行って呉と頼まれる。
家の子供たちは、親子で成人式の振り袖には興味も無く来たが、卒業式だけは違う様で、上の娘(ひよこ)も卒業式には袴だった。
着るのは本人なので、気に入った物が有ればと思っていたら、見てすぐに、一目惚れと言って決まった。
これは、母からのプレゼントと言うと、少し緊張していた。

着付けは、グランマに頼む事にする。
上の娘の時もしたが、何しろ10年振り。
一応ネットで着付けを調べて手順をプリントしたので、グランマも安心している。
そんな事を言っていたら、チュウコの学友から、卒業確定者名簿の発表に名前が有ると連絡。
まさかぁ~卒業出来ないなんて言わせないよと、これで少し安心
長い様であっと言う間の4年だった。

2005年2月 9日 (水)

もう・・会ってしまった・・

今日は、暖かいとの予報で、久しぶりに友人と3人ルンルンしながらウォーキング。
バラの手入れをしている所では、その作業を見て、色々教えて貰う。
池の回りから、次に菜の花畑の横からの道を緩く登り始めると、すっかり油断している足下に、いや~~な物が丸くなっている(>.<)大騒ぎですよ、もう、何故??
急いで道を引き返すが、あれは本物だったけど、動かなかったね、何日か前には見なかったのだから、間違えて冬眠から目覚めたのかしら等と言い合う。
この道は、ニョロの出る頃は絶対歩かなかったけど、こんなに寒い時ならと、平気で大きな態度で歩いてた。
あ~~・・気を取り直して、広い道を歩いて帰って来ました。

先日の御殿山のレポもアップした。
やっぱり新しいノートパソコンの動きはこちらの作業を早めて呉れる。
道具って大事なんだわ(^.^)

午後はすっかり冷えて、予報は外れ・・

2005年2月 8日 (火)

寒い

寒波のニュースの頃にはそれ程でも無かったのに、今日は本当に寒かった。
冷たい雨は雪にはならなかった。

買い物に出た時に、店頭に花粉症対策の物が色々並んでいるのを見る。
目薬、マスクを買う。
昨日、チュウコと先日行った伊予ヶ岳に近い、御殿山へ行ったが、杉の花がもう赤くなって、心配だった。
気のせいか、喉が痛いし、目も痒い。
今年は相当飛ぶと言うので、目薬、マスクは用心の為の品。

まだ、花粉症なんて言うのが今程言わない頃、もう30年位前に、風邪だと思って、内科に通った。
ちっとも治らなくて、この医者は「薮」だなんて思ってた。
病院の宣伝には東大医学部卒と有ったから、灯台元暗しなんて・・
翌年も続いて発症、耳鼻科に行くと、花粉症だと言われた。
そんな事が有るのかと、びっくり、それ以来、減感作療法とか飲み薬とか色々な治療を受けた。
年によって症状の重さや軽さが有っても付き合って来た。
最近は、年を取ると症状が軽くなると言う通り、ずっと楽になって来たのに。
予報では、後1週間位で、飛び始めると言うが、周りでもそろそろくしゃみ、目の痒みが出ている。
まぁ、目につく杉は赤いものなぁ~
近くに杉林多いのです。

2005年2月 6日 (日)

味噌


この所、日記は食べ物系(^.^)

今日は、味噌を作った。
毎年、今頃になると、取り纏めの友人から「今年は幾つ?」と連絡が入る。
娘の所は、一昨年の物がまだ有るから今年は要らないと言う。
それで、家の分だけを頼む。
昨日から大豆を水に浸して、午後から作業に入り、3時間ほど掛かる。
いつも思うが、こんな美味しい調味料を考えた人は凄い。
これで、夏の暑さを越して、しっかり発酵して秋には美味しい味噌が出来る。

2005年2月 5日 (土)

大根


畑に大根が育っている。
お店の物より丈が短いけど、無農薬で育てたと言うのが何よりの安心。
今日は3本抜いて、葉は茹でてジャコと炒めた。
今夜からしっかり煮込んだ煮大根は明日頂く。
皮は取って置いて、2~3日後にキンピラにする予定。
まだ、セロリのキンピラが残っているからです(^.^)
こうして見ると、捨てる所の無い大根って優れもの。

2005年2月 4日 (金)

セロリな日々


先日、チュウコと山へ行った帰りに道の駅に寄る。
大きな袋にセロリが入って300円、セロリ好きな友人の顔が浮かぶ。
買って帰り、友人に半分貰ってもらう。
ゆっくり煮込んだスープ煮にしようと思ったが、家族はそれ程食べそうに無い。
世代の違いが大きいのだ。
今日は、キンピラにしてみた。
家中セロリの匂いが漂う、残りは赤梅酢に漬け込んだ。
家族の人数、それも消費するかどうかを考えないで、安いとか、美味しそうとかで大量に買い込む癖は中々抜けない。
5人家族の頃は、何を作っても、作ってもすぐ無くなった。
作り過ぎてしまう私には、ちょうど良い消費だったけど、今は、残るから困る。
良い事も有る、洗い物は、お皿も少なくすぐ終わる。

セロリのキンピラ、中々好評だった。

2005年2月 2日 (水)

伊予ヶ岳

娘のチュウコが何処かへ行こうと誘う。
山ならと言うと、大歓迎と言うので、少し出遅れだけど、大急ぎでおむすび作る。
チュウコは紅茶を詰めたり、おやつを用意したり、おむすびに海苔を巻いたりと手伝いが有ると、支度は早い。
11時半に家を出て、一部高速を使うと1時間で登山口、やっぱり早くなった。
山は途中までは、前と変わりなかったが、最後がずっとロープを使わないと滑る道になっていた。
山頂は良い眺めで、ぐるりと見回せる。
富士山は残念頭を隠していて写真が撮れなかった。

チュウコは春から社会人、一緒に出かけられるのは、今のうち。
来週も別の山へ行こうと約束する。

2005年2月 1日 (火)

水の競演


キルト展を見てから、新しくドームの近くに出来た店でウィンドショッピング。
良い匂いの洗顔石けんを買ったり、女の楽しみは買い物(^.^)
広場で、丁度4時に音楽に合わせて噴水が踊る?
今の季節ではちょっと寒いけど、中々面白い。
寒波と言われる程の寒さも無く、最後は盛大に水しぶきを上げて噴水も頑張った。

キルト展


東京ドームでキルト展有り、友人が切符が有るからと、丁度札幌から上京していた友人も合流して4人で行く。
ドームの入り口で待ち合わせして、大勢の入場者と共に入る。
沢山の作品が夫々テーマ毎に展示されている。
昔は、古くなった布の最後の使い道として、はぎ合せてベットカバーなどにしたそうだ。
一針づつ、つなぎ合わせた布の綺麗な変身に、女性の手仕事の細かさを見る様。

私は、30年程前にアメリカで初めて見た。
その時は、何と綺麗なのに、しっかりとした物だろうと思った。
当時の日本ではパッチワークと言う物も、今の様に知られていなくて、どの様にしたら習う事が出来るのだろうと思っていて、勝手に布を切り、ミシンではぎ合せて、子供の昼寝用布団のカバーを作ったりしていた。
やがて、日本でも教室が出来たりして来たが、その頃は別の趣味で忙しく、手にする事無くずっと見ているだけ。
習うと言う機会も無い事も無かったけど、きっと夢中になり、色々な事が出来なくなると、そちらの方が怖かった(^.^;;

写真を撮るには、人が多すぎて難しい。
珍しく人の居ない所でやっと撮った物。
キャッシー中島さんが笑顔で応対するお店も有ったりした。
展示の中に、三浦百恵さんの作品も有る、しっかりした出来上がりで、彼女の生活が幸せなんだと思わせる。

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »