最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« デジカメ | トップページ | 恥ずかしいけど・・ »

2005年1月22日 (土)

ボタニカルアート


最初は木彫りのデザインをするのに絵が描けると良いな、と始めたボタニカル。
途中目の具合が悪い時に中断した時が有るけれど、始めて3年位になる。
カメラも無い時代に正確にその植物の姿を伝えるために始められた絵。
図鑑等に載せられている絵です。
絵画と言うより、正確に写し取ると言うもので、植物細密画と言われている。
絵は描いた事も無く、戸惑う事も多かったけど、先生が、動く植物図鑑の様に、どんな花も、その形態や分類に付いても話て呉れる。
先生の絵は、線も鋭いのに、見ていて決して飽きない、こちらが引き込まれて癒される様な時も有る。
その姿勢に、上手になるより、話を聞いたり、少しでも思う様に描きたいと続いて来た。
そして、私たちは、プロでは無いのだから、楽しく描けたら良いし、植物を正確に描けたら良いのよ。
と言われて、好きに描いて来た。
お見せ出来る代物では無いけど、家の庭に咲いたツバキを描いた物を2月の展示会に出展するので、お先にと載せてみる。

昨日、渋谷で開かれている、グランマ・モーゼス展に念願叶って行く事が出来た。
70才で絵を描き始めて、80才で個展を開き、101才で亡くなるまで人々から愛されたアメリカンフォークアートの第一人者と言われた人。
見ていると、人をほのぼのとした気分にさせて呉れる絵で、始めるのに、年齢は無いと、皆に希望を与えたと言う所も素晴らしいと思った。

私のボタニカルも、まずは、上手より、楽しいが先と下手のいい訳にして、続けて行きたいと思います。

« デジカメ | トップページ | 恥ずかしいけど・・ »

「山百合日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148273/6608359

この記事へのトラックバック一覧です: ボタニカルアート:

« デジカメ | トップページ | 恥ずかしいけど・・ »