最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月31日 (月)

寒波?


今日は、寒波が来ると脅されていた。
朝から良い天気で風も無い。
ご近所の方とウォーキングに行く。
今まで、整備の為通行止めとなっていた所も通る事が出来て、2時間弱の歩きになった。
この施設は、河津桜を植えて有り、まだ苗も小さいが、つぼみを沢山付けている。
その中に咲いている物が有った。
気が早いなぁ~っと言いつつも写真を撮って見る。
明日からは、寒いと言う、あの河津桜は大丈夫だろうか・・

2005年1月30日 (日)

ロウバイ


予報では風が強くて寒いと言うので、家から出ないでおこうと思っていた。
所が、風は朝のうちだけで、その後は比較的静かだったので、午後から、近くの農業センターに併設されている「あずの里公園」へ行く。
家から歩くには少し時間が遅かったので、車で行き、あれこれ写真を撮りながら歩いた。
ロウバイが良い匂いで綺麗に咲いていた。
紅梅、白梅も中々綺麗。
その他の花は、これからで、春には桜が見事に咲く場所。
今まで歩いた事の無かった林の中へ入って行くと、何かが慌てて逃げて行く。
ウサギ!この様な所だったら野ウサギもいると思った。
それでも、近くに車の往来の激しい道路も有るし、住みにくいだろうなぁ~

2005年1月28日 (金)

里歩き


今日はいつものウォーキングの場所を変えて、友人の住む団地周りを歩く事にする。
もう、いくら何でも、ニョロは出ないと、態度も大きく、団地の外れの道を進む。
私たちの住む市はあちこちに住宅団地が有る。
その中でも、お洒落な所として知られている団地。
家からは、車で7分程の所に有り、クリスマスなどの飾り付けがとても盛んな街でも有る。
しかし、団地の周りは自然も多く、田んぼも、森も、昔からの人たちの集落も有る。
そんな所まで足を伸ばして、未開通の舗装道路の道を行くと、方向的には、団地へ行けそうな森の脇道を発見。
行き止まりだったら戻ろうと歩き出すと、すぐに雰囲気の良いお地蔵様か、道祖神か。
石の横には寛永何年とか彫られて有る。
どんどん進むと、道は林の作業道らしく横道が分かれて有るが、メインの道は、杉林で房総の山歩きの雰囲気。
しばし、山歩きもどきを味わって、団地に通じる道に出た。
2時間のちょっぴり知らない道を探検気分の里歩き。

2005年1月26日 (水)

雪・・


朝、何だか冷え込んでいる、起きるのがちょっと寒くて嫌だなぁ~と思っていた。
窓を開けてびっくり、雪が降っている。
久々のウォーキングの予定を止める。
チュウコもTDLへ遊びに行く予定を中止。
一気に、家中巣ごもり状態になった。
午後になって、薄日がさして、車の屋根に積もった雪も溶けてしまった。

2005年1月25日 (火)

お花見ドライブ


今日は、娘チュゥコの22才の誕生日。
20日はグランマの87才の誕生日だった。
例年、食事をしながら、房総の先端へお花見ドライブに出かけていた。
今年は、先日BOOさんたちと野鳥の森へ行った時に、途中まで出来ている館山道の高速を一部使うと時間が短縮出来ると分かったので、竹岡から富浦までを利用する。
鋸山トンネル、富山と馴染みの所を通り抜けて快適に進む。
お花畑は、先日より咲いている花が増えている。
上着が邪魔な程で風も無く、ゆっくりと見て、気に入った花を買う。
その後は、野島崎灯台へ行き、遊歩道を歩く。
海岸線の岩の面白い所をあちこち寄り道しながら歩く。
波打ち際に行くと・・途中の岩の間の水たまりになった所に、甲羅が60センチ程の亀が死んでいる。
様子から、昨年の爆弾低気圧で打ち上げられたのか。
その様子と云い、自然のこんな大きな亀を見るのも初めてだったので、二人でびっくりする。

気を取り直して、回りの景色を楽しんで、車で待つグランマの所へ戻りました。
穏やかな天気で、綺麗な花を見て、美味しい物を頂いて帰って来ました。

2005年1月24日 (月)

恥ずかしいけど・・


前回の日記にボタニカルのツバキを載せた。
えみ丸さんは、アドバイスが必要ならと言って呉れたので、私としては、願っても無い事と早速お願いしてみた。
今まで、見たままを描いてきたけど、全体の動きから、日付の位置等の事を指摘された。
早速、直して見ると、すっきりして、動きの無理が無い事も分かる。
一緒に別の大きな額に入った絵の写真を送ると、そちらもまた、全体を見てのアドバイスが有り、それらは、私には目からウロコ状態。
絵でも、何でも、色々な角度から見ると言う大切な事を学ばせて貰った様で嬉しかった。
掲示板にそちらもアップをとの事なので、恥ずかしいなと思いつつも、それも勉強の一つと覚悟して、載せて見る。

2005年1月22日 (土)

ボタニカルアート


最初は木彫りのデザインをするのに絵が描けると良いな、と始めたボタニカル。
途中目の具合が悪い時に中断した時が有るけれど、始めて3年位になる。
カメラも無い時代に正確にその植物の姿を伝えるために始められた絵。
図鑑等に載せられている絵です。
絵画と言うより、正確に写し取ると言うもので、植物細密画と言われている。
絵は描いた事も無く、戸惑う事も多かったけど、先生が、動く植物図鑑の様に、どんな花も、その形態や分類に付いても話て呉れる。
先生の絵は、線も鋭いのに、見ていて決して飽きない、こちらが引き込まれて癒される様な時も有る。
その姿勢に、上手になるより、話を聞いたり、少しでも思う様に描きたいと続いて来た。
そして、私たちは、プロでは無いのだから、楽しく描けたら良いし、植物を正確に描けたら良いのよ。
と言われて、好きに描いて来た。
お見せ出来る代物では無いけど、家の庭に咲いたツバキを描いた物を2月の展示会に出展するので、お先にと載せてみる。

昨日、渋谷で開かれている、グランマ・モーゼス展に念願叶って行く事が出来た。
70才で絵を描き始めて、80才で個展を開き、101才で亡くなるまで人々から愛されたアメリカンフォークアートの第一人者と言われた人。
見ていると、人をほのぼのとした気分にさせて呉れる絵で、始めるのに、年齢は無いと、皆に希望を与えたと言う所も素晴らしいと思った。

私のボタニカルも、まずは、上手より、楽しいが先と下手のいい訳にして、続けて行きたいと思います。

2005年1月20日 (木)

デジカメ


年末に水仙ロードを歩いた時、一緒のSAKURAさんが水仙や、小さな野草の花を接写で撮っていた。
先日の鋸山は生憎の雨で撮影は諦めていた。
どちらも叶うカメラが欲しい~~

生活防水でスーパーマクロで、今までも使っていたデジカメと同じ会社の物。
願いが叶い、今日ゲットした。

思えば、一番最初に買ったデジカメは、35万画素、扱いも、パソコンに慣れた方が購入しいて下さいと書いて有った。
値段もかなり高くて、今のものなら2台は買えた。
設定が中々出来なくて、しばらく取り込み方を取説見て苦労した。
パソコンに取り込むのも面倒だったので、旅行にも持ち歩かず、今になるとほとんどファイルが残っていない。

次に買ったのが、131万画素だったか。
これは、カードの読み取り機を買い、前の物より使いやすかった。
パソコンでもストレス無く動くと言うだけ有り、かなり使って楽しんだ。
そうしているうちに、皆の綺麗な写真が目に付く様になり、320万画素の物が、展示品処分で安くなっていて、即購入。
これはUSB接続で、パソコンには簡単に取り込めるのが良かった。
でも、前の物と比較して、格段に良いと言うより、操作が面倒な分、不満が有った。

今回のデジカメで一番気に入ったのは、モニターが大きくて、字も大きい事。
ちまちました字では、私たちシニアには、ちと不便。
そして、庭に出て、咲いているヒマラヤユキノシタをアップで撮って見ました。
今までだったら、ぼけてしまう所をくっきり。
きれい!で嬉しい(^^)

散財したから、暫く、倹約して暮らそう~(^.^;;

2005年1月18日 (火)

ハウルの動く城

娘のチュウコからの誘いで「ハウルの動く城」を見に行った。
宮崎作品は、子供たちから教えられて、最初は、題名の意味をかなり取り違えていたけど、今は、その世界だと理解出来る。
例えば、「天空の城ラピュタ」は白いラピタと言う鹿かと思った。

子供の付き合いで、宮崎作品はかなり見ている。
頭の固い私には、ちょっと理解に時間の掛かる部分も有ったけど、いつもの様に戦闘シーンや魔女や魔物の動きも楽しく、柄にも無く、一途な愛が、魔女の呪いも溶けるのだと感じたりした。

で、どうだ!と聞かれると・・楽しかったと答えるかなぁ~
私は、今までの中では、トトロが好き(^.^)
そうだ、シニアになって初めての映画になるのか、入場料が千円と言うのは、これからも又、見ようと言う気持ちにさせた。
シニアの権利が出来てから1年は経つから、久しぶりの映画と言う事になる。

2005年1月16日 (日)

鋸山

ネットの友人、ピカリさんの奥座敷の話題から発展して熟女ばかり6人で(一人例外あり)千葉の鋸山へ登る事になった。
はるばる函南からのピカリさんは、土曜日夜横浜からアクアラインバスで千葉入り。
低気圧の接近で大雨・・の千葉

日曜日は市原SAで千葉組と合流、雨の様子を見ようと暫く初対面の挨拶を兼ねてお喋り。
相談の結果、もう少し先へ行って、その時点でまた考えようと言う事になり出発。
本当は、登山口と下山口に車を置く予定で、2台での出発だった。
金谷到着、降り続く雨で、1台の車で山頂近くまで行く事になった。
駐車場から拝観料を払って、展望台、千五百羅漢、大仏と階段を登ったり、下ったり。
お天気では見られない、小さな滝、岩に生える苔のつややかな事。
そんなこんなも悪く無い(^.^)

思いがけない悪い天気の中、楽しくお喋りしたり、歩いたり、楽しみ方を知るネット仲間とのオフになった。

2005年1月13日 (木)

房総の花畑


11日、ネットの友達BOOさんとBOOFさん改めBOO吉さんと房総の先端、館山に有る野鳥の森公園へ出かけた。
標高は146m、累積標高差240mと、多少のアップダウンの有る所。
渡り鳥の渡りの中継点と言う事だったので、ちょっと期待をして出かけたが、風が強くて、野鳥の声は時々聞こえても姿は見えなかった。展望台からの眺めが、表紙の写真。
白波が立っている平佐浦の海岸線に遠く、富士山が見えるはずだったが、かすんで見えない。
僅かに、大島がぼんやりと浮かんでいる。

帰りに白浜のお花畑に寄ると、ストックが綺麗に咲いていた。
これからがこの辺りの花の綺麗な最盛期を迎える。
ストックもポピーもそして、菜花も買って、満足して帰りました。

2005年1月 8日 (土)

パソコン画面

新しいノートに少々問題が有って、と言っても、私があちこち触ってしまい、その結果だったのだけど、ようやく解決した。
ノートなので、持ち込んで見て貰おうと思ったら、その予約が中々面倒、サポートセンターは繋がらない。
その間にも、今まで使っていたHPソフトを入れたり、年賀状の作成ソフトを入れたり、プリンターも設定していたので、出来ればこの環境で1つだけの問題を解決したかった。
やっと連絡出来て、画面を見ながら、あれこれの設定を変えて、最後は初期化しようとと言う手前で、試した事が成功した。
やって見れば簡単な事だったけど、そこに至までが至難の技の様だった。
新しいパソコンは、やはり仕事は速い、あれこれ開いたままでもストレス無く処理する。
フリーズもしない。
今までのパソコンで見ていた自分のHPと、今ので見るとこんなに字が大きかったのかとか、写真が見にくいとか、パソコンによっての違いを実感している。
まぁ、その程度と割り切って行かないと、どんなパソコンで見ているか考えたらきりが無いなぁ~~


2005年1月 3日 (月)

初詣


娘夫婦がやって来て、食事の作り甲斐が有る。

午後から近くの神社へ初詣に行く。
ご近所の氏神様と言う事で、1年の家族の平安を祈願をする所としては、申し分無いと思っている。
神社は簡素ながら、お正月らしい飾り付けがされていて、娘夫婦はおみくじを引いては喜んでいる。
交通安全と無病息災のお守りを買って帰る。

2005年1月 2日 (日)

新年会

今日は、私の兄姉、その家族との新年会が、銀座で有った。
会場は有楽町の駅近くで、娘のヒヨコと一緒に出席。
チュウコは残念、バイトで不参加。
9名なので、個室を予約出来て、料理はバイキング。
久しぶりに会う姪や、甥との新年挨拶等、和やかなうちに始まった。
夫々、好きな物を取り、しばし料理を食べる事に熱中。
お喋りにも花が咲き、やがて恒例の新年の年賀の品の交換会になる。
と言っても、気持ちの品で、豪華な物は無いが、札幌の甥は、そこならではの物。
手作りのアップルケーキ、京都の匂い袋、入浴剤、と行きより、帰りの袋り方が膨らんでいる。

その後、娘と銀座を歩く。
東京の日陰には雪が残っていて、ちょっとびっくり。

2005年1月 1日 (土)

新年


雨の大晦日から一転、晴れの穏やかなお正月の朝となった。
家の回りでは、物音もあまりせずに、静かな年明けです。
最近は、私の住む所も、子供の数も少なくなり、以前の様な、外遊びの声もあまり聞かれない。

そんな朝ですが、娘のチュウコは大学生最後の事だからと、ディズニーのバイトをオールナイト勤務で朝帰りです。
良い経験だった等と言うのがもっともらしいけど、どんな物なんだろうと母は複雑です。

初詣の予定でしたが、さすがに娘は疲れて寝てしまったので、本当にのんびりしたお正月の1日となっています。

お正月に合わせた様にカトレアが咲いた。
今年は、災いの少ない年になって欲しいと切に願うばかりです。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »