最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月29日 (月)

清里


11月26日

白州の薮内正幸美術館で動物の細密画の絵を見る。
動物の細やかな表情に作者の愛情が感じられる。
その後、清里へ行き、吐竜の滝へ。
ここは初めての場所、小海線の鉄橋をくぐると、滝の音が大きく聞こえる。
回りは秋景色で、静かで良い所だと思ったら、夏は人が一杯と言うから、多分雰囲気は今の方が良いかと思う。
清泉寮へ行くとすっかりクリスマスバージョンになっている。
ソフトクリームを食べてから、韮崎へ送って貰う途中の日帰り温泉の足湯で暖まる。
韮崎からの特急に乗り、楽しい3日間を思い出しながら帰る。
東京駅に着くと、上着を着ていると暑い位、気温の違いを実感する。

八島湿原


お腹が一杯になり、八島湿原に向かって歩く。
木道が歩きやすい、冬枯れの八島湿原も中々良い雰囲気。
ここは、夏の花の季節、冬の雪の季節にはスノーシューで歩いた所、各々の季節に違う顔で迎えて呉れる。
御射山から車山へ戻る、またどろどろの登り道。
10時に出発、到着は3時半、お昼に1時間半も休んだ事になる。
平日の事、静かな楽しいハイキングだった。

車山


11月25日

何処へハイキングへ行くか、色々候補が出ていたが、車山と決まった。
麓は良い天気だったのに、峠が近付くとガス・・それでも、駐車場でしっかり寒さ対策の身支度して出発。
コロボックルヒッテは冬期閉鎖になっている。
そこから少し下がるのだが、道は霜が溶けてぐちゃぐちゃ、どろどろ、靴は底上げされた状態になり、ぽっくり履いた見たいだと少し古い表現の話し等をしながら歩く。
自分の靴底の泥が滑る、蝶々深山、物見石から八島湿原が見える。
降りた所にトイレ、その前に芝生の広くなった所が有る。
丁度お昼、ロケーションに難は有るけど、見ない事にしてと、早速鍋の支度を始める。
友人の家庭菜園で収穫された白菜、ネギなどにキノコやうどんが入った味噌味の鍋、冷えた空気に暖かな鍋が美味しい。

ネット仲間との出会い


11月24日

25日に山梨、長野辺りの山へハイキングへ行こうの誘いに、遠い私は前日から出かける。
ネットの輪が広がって機会が有ったら御会いしたいと思っていた茅野のハイジさんに連絡すると、快く時間を作って呉れた。
夏に会っている原村のマーガレットさんと一緒に茅野駅に迎えに来て呉れた。
小春日和の良いお天気、ハイジさんの家のデッキに敷物を敷いてランチにする。
私は、毎度お馴染みの祭り寿司を持って行く。
喜んで貰えて良かった。
ネットの知り合いは、初めてとは思えない共通の話題でとても楽しい時間だった。

2004年11月23日 (火)

出かける

明日からお出かけです。

何処の山を歩くか、お天気次第で決めると言う事で出かけます。
紅葉には遅いでしょうが、楽しくハイキングが出来ると楽しみです。

2004年11月21日 (日)

大は小をかねる

久しぶりに鍋物にしようと、スーパーで鯛、野菜、豆腐も買った。
家にある鍋は大きい、5人家族だった頃からの物で、当時は鍋物、おでん等に活躍した。
まぁ、大は小を兼ねると言うから・・
白菜、ネギ、松茸は無いけど、エリンギ、マイタケ、エノキ等も入り、そこそこの見栄え。
昔は溢れる程だったけど、やっぱり大は小も兼ねるを実感。
かなり残ってしまったので、明日はおつゆにしよう。

2004年11月16日 (火)

骨せんべい


中々良い天気の1日だった。
午前中、お向かいの奥さんとウォーキングに行く。
里山の木々の葉も一段と落ちて、一部には赤い葉も見える。
歩いても、暑くも寒くも無い良い日和

御近所の方が、釣りに行きアジを釣ったと届けて呉れる。
さっきまで泳いでいたんだね。
三枚におろして、塩でしめてから酢に漬ける。
骨は揚げて骨せんべいにする。
薄い塩味で、ぱりぱりせんべいは美味しい。

2004年11月15日 (月)

働いた・・

急に寒くなった。
今迄、衣類の入れ替えしなくてはと思いながら、少しづつ出していた。
そんな事が続く訳が無いのだけど、1日延ばしにして、この寒さでやっと重い腰を上げざるを得ない。
まだ着られると思っても何年も出し入れだけの着ない衣類は思い切って捨てる事にした。
こうなると、思い切る時の気持が大胆になる。
あれもこれも、大きなゴミ袋に3つ。

家のおばあちゃんに半月程前に病院から手紙が来た。
内容は、貴女の接触した人が結核になった、検査を受けて下さい。
寝耳に水だとばかりに、あれこれと知人の事等想像を巡らせる。
今日、その検査に行った。どうして通知が有ったのかと聞くと、6月にその大学病院で検査を受けた、その担当医が発病したと・・
疑問は氷解したとは言え、お医者さんが結核か・・

朝から夜迄衣類の入れ替え、途中で買い物とおばあちゃんの病院迄の送迎、とついでに部屋も片付けたので疲れた。
好きでは無い仕事はとても疲れるし、働いたと言う気分。
畑仕事は疲れないから不思議、と言うか勝手なんだと思う。

2004年11月12日 (金)

続いて咲いた


明け方に雷でびっくり、雨も強く降っていた。
以前、落雷が近くに有ったのか、ビデオが壊れた事が有るので、眠かったが、仕方なくごそごそと起きて電源を切った。
そう言えば、それ以来ビデオの無い生活をしている。
特別不自由していないから、新たに買う気も起きないが、最近はDVDやら何やら・・
留守の時にどうしても見たいと言うテレビ番組に執着を無くすと必要には思えなくなる。
でも、考えたら、普段は夜は家に居るし、見たいと思う物は殆ど見ている事になっている(^^;;

↓のランはまだ奇麗に咲いている。
今度は白の花が咲いた、陽が当たると花びらがキラキラ光っている。

2004年11月 7日 (日)

咲いた


一週間まえの寒さは何処へ行ったのか、この所暖かな日が続いていて気持が良い。
時々ウォーキング、時々昼寝、時々家事、のお気楽な暮しを続けたいと思いながら、実体は朝決めた行動計画の半分も出来ないでいる。
持ち主はこんな怠惰な暮らしをしているのに、花だけは健気に今年も咲いた。
この花は、色々なランを持っている中で、一番好きな花色。
朝の水やりの時に見ると、花芽の付いたランが何株か有る。
これからがラン達の花の季節。
今年は、天候が定まらなくて、うかうかしている間にすぐ暑くなったので、植替えのタイミングを逃してしまった。
来年はちゃんと手入れするからね、と言いつつの水やりになりました。

2004年11月 3日 (水)

ディズニーシー


学園祭で大学が休みの娘のチュウコに誘われてディズニーシーに出かけた。
シーには3回目になる、幾つかの好きなアトラクションが有り、水や火等を使う面白いショー、人魚が宙で舞うショー等等を楽しんだ。
ディズニーランドより埴栽の木も沢山有り、ちょっと公園の様な場所でのんびり出来たり、迷子にならない様にと娘としっかり手をつなぎ有って歩いたり、中々楽しかった。
しかし、最後のアトラクションの入場を待つ間・・前に並ぶカップル・・人前って忘れた態度で、見ていられなく、娘としりとりなんかして見ない様にしていた。
お願いです、そんな事は見えない所でして下さい。

2004年11月 1日 (月)

残りは2ヶ月


今日から11月、早いもので今年も残す所2ヶ月になった。

先週は、木金と、久しぶりに会う友人と伊豆長岡へ出かけた。
札幌、神戸、三島、千葉から各々集まっての旅。
高校生の頃の友人のおばあさまがその昔経営していたと言う老舗旅館、今は多分代替わりをしているだろう所が、最近は徹底してサービスを排除してリーズナブルな宿になっていると言うのでそこへ泊まった。
伊豆長岡自体が温泉としては随分寂れていた。
宿の部屋は、広い和室、4人でも広すぎてと言う部屋だった。
備品として有るのはテレビと冷蔵庫、そして、浴衣だけ。
タオル洗面具は持参する。
食事は無し、朝食はトーストとコーヒーのセルフ。
食べ切れない食事が出るのは困るので、外で食べられるのは、余計な面倒が無くて良かった。
素晴らしい庭の手入れも滞っている様子で、栄華の後が少し見えて寂しさが有った。
温泉は肌がつるつるになり気持良かった。

それよりも、私達は、2日間ずっと近況報告を兼ねて喋り続けていた。
まだ話し足りなかった様な気がする。
帰って家族にその話をしたら、良く話題が有った物と呆れていた。
電話では語り尽くせない物が有るのです。

お母さんが側に入ると安心して寝ている猫、手で顔を隠している

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »