最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月25日 (日)

ブルーベリー

相変わらずの暑い日曜日になった。
久しぶりに、娘のヒヨコに電話する。
この頃仕事が忙しいらしく、夜も遅い様だ。
しかし、お互いとりとめの無い話しをするのが親子で、元々、その傾向の方が強いので、他愛も無い話で笑い合う。
庭のブルーベリーの収穫が続いているので、毎年娘の友人にもお裾分けしている。
今年もその予定を伝えると、少し数が増える。
それだけ、娘の交友関係が多くなったのかと母は嬉しい。
待っていて呉れる人がいると言うのは作り甲斐が有る。

夕方、少し涼しくなるのを待って収穫。
蚊に刺されない様にと、人には見せられない様な格好をする。
服の上から黒のレースの様な虫よけのズボンと上着。
腰には蚊取り線香を下げて、しかし、余程飢えているのか、元々効果が薄いのか、レースの様な編み目を通してボコボコに刺された(>.<)
山で刺されるとずっと痒いのが取れないのに、家では薬をつけるとすぐに治る。
蚊にも根性が有るのかなぁ~~、里育ちは柔いのかも知れない(^^)
明日から、またジャム作り(^^)

2004年7月23日 (金)

猛暑


連日の猛暑
先日は40度越えを記録して、全国的に知名度アップ。
翌日には甲府がもっと暑いと言われていた。
この所は、30度とか言うと、友人は、40度を経験したら30度なんて涼しいものなんて言う。
昼間からクーラーを付けないだけそうとも言える。
雨乞いしたいなぁ~~庭はからからだもの。

先日行った山中城から見た富士山。
気分だけでも涼しくしていたい。

2004年7月18日 (日)

あつ~~~

もう、その言葉以外知らない!と言う程の暑さが続いている。
新潟は豪雨と言うのに、こちらは地面にひび割れが出来ている。
日中はクーラーも我慢、体に悪いと思っているから。
それでも、夕方になると我慢も限界で、不健康な生活に入る。

風邪は娘に移して私は治った。
その娘はタイミング悪く、数カ月ぶりにバイトを始めようと言う時と重なり、少し心配した。
若いと言うのは治るのも早いのか、元気に出かける。
夏風邪引くのはバカなんだと聞かされて、娘と2人妙な所で納得してた。

明日から久しぶりの故郷へ
ネットで知り合った人と山中城で山百合を見て、夕方からは友人の所へ。
電話ではいつも話しをしているのに、会うのは久しぶり、わくわくしている。
そろそろ身支度整えよう・・

2004年7月14日 (水)

風邪

先週の土曜日、大船へ用事が有り、珍しく電車で出かけた。
町中は暑い、とっても暑い!
電車に乗ると、寒い、凄く寒い!で2時間、帰りも2時間。
電車の冷房の事を忘れていました。
上着を持たずに電車に乗ってしまった為に、翌日からは風邪症状に悩まされて、久しぶりに苦しかった。
もう何年前か、多分5~6年熱なんて出した事は無かったと思う。
今迄、バカは風邪引かないと言う例え通りだと思っていたが、少しお利口になったのか・・・と誤解したり・・
熱の時は、汗も出ない、そんな事も忘れる程だったから、中々苦しい、病院へ行き、沢山の薬を貰って帰る。
今度は眠い、薬のせいだと分かっているけど、脱力感と眠い、そんな時、もっと重い病気の人、いつも熱が有ると言う人の事を思った。
熱も下がり、まだ本調子では無いが、何とかなったので、後は無理をしないで暮そうと思う。

2004年7月 8日 (木)

あつぅ~~~

朝から暑い、それでも友人と約束が有るので、近くのドイツ村のウォーキングに出かける。
たまには気合いを入れてと、鴨池コースを最初に歩く、途中で何かの撮影をしている。
暑いのに、大勢のスタッフ、何度も走らされている子供の笑顔が子供らしく無い・・あんなに小さくても職業が顔に出ている。
その近くで、ラベンダー15本で100円と言うのをおばさん2人は嬉々として30本カット、良い匂い(^^)
暑いと言いながらも、里山コースも歩いて、その後は、久しぶりに予定外の行動でランチに行く。
女性ばかりの店の中はちょっとお洒落で、ウォーキング帰りの私達はちょっとだったけど、そこは気にせず美味しくパエリアを頂きました。
まだまだ終わらない。
木更津まで行き買い物、市原へ戻り、買い物、最後は梨園に寄り、桃を買って夕方ようやく帰宅。
速攻でお風呂に入り、ほっとした。
しかし、今年一番の暑さ、花も野菜もぐったりで、雨乞いしたい。

おぉ~~日付けが変ってる・・おやすみなさい

2004年7月 3日 (土)

粟又の滝


上流に向かい、滝に出ると人が一杯いる。
遊歩道の人と、滝の回りの人の多さの違いは、折角来ても、ここだけと言う人もいるのだろう。
この道は、滝から遊歩道を歩いて元に戻る、水月寺の所から歩いて滝から元に戻る、どちらから歩いても周遊すると言う3つのコースが考えられるが、私達は、水月寺の所から歩いて、上流に向かい、最後に滝が見える景色が好きなので、季節を変えて歩く。
特に新緑と紅葉の時がとても奇麗。

遊歩道


梅雨の中休みが長く、その上日ざしは強いけど、湿気が少なく日陰は心地よいと言う日が続く。
娘と一緒に養老渓谷の奥と言うのか、粟又の滝までの遊歩道を歩く。
滝迄1時間弱の遊歩道は日ざしが崖で遮られ、川を渡る風が気持良い。
川に沿って緩やかに上流に向かって歩くと、途中では、投網で魚を取る人もいる。

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »