最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月26日 (木)

上野動物園


今日は風が強くて外出もままならなかった。

昨日は風も無く、暖かな春めいた陽気だった。
娘と、東京国立博物館へ出かけた。
展示の豊富さを堪能して、上野動物園に寄った。
ここは、上の娘を連れて以来だから二十数年ぶり、あの頃娘は、「今度は下の動物園にも行こうね」等と可愛い事言ってたなぁ~
下の娘とは初めて
随分奇麗になって、動物達にも環境が良くなったみたい。
ゴリラが袋を頭にかぶり、見物の私達を反対に見つめている。
タテガミオオカミが夫婦喧嘩していた。
何が原因か、飼育係の人が隣の飼育舎から○○ちゃん駄目でしょ!と声を掛けると少し止める。
それでもしばらくいがみ合っていた。
最後に、蜘蛛のタランチュラを見てしまった。
うぅ~~ん、気持ち悪い・・・

2004年2月23日 (月)

味噌の仕込み


風の強い日曜日味噌の仕込みをした。
午前中は家の分が出来た。
午後は帰って来た娘に、口を出して指示、圧力鍋で柔らかく煮た豆をフードプロセッサ-で潰す、塩と麹に混ぜて夕方には出来上がった。
これで秋には美味しい味噌が各々8キロ出来る。
力の有る娘の味噌の方が良く混ざり合ってきめが細かそう。
結婚して1年の娘に、少しでも伝えられる物が出来たか・・

2004年2月21日 (土)

雛人形


この数年お雛様を出さなかった。
木製の組み立て台を、納戸や天井裏収納から出すのが面倒とか、猫がとか色々言い訳していた。
バイトをしていない娘も希望したし、手伝いも有るからと夜になって飾り付けを始める。
心配した猫も、何とか悪戯まではしない様子。
お雛様のお菓子は月曜日配達の生協から届くはず。

ずっと昔・・ちらし寿司とエビフライの出るひな祭が楽しみだったなぁ~~っと思い出している。

2004年2月20日 (金)

収穫


家庭菜園のカブ、時々収穫出来ている。
暖かくなったからか、大きくなって来た。
大根も3本程残っているし、白菜(緑の方が濃いので緑菜と言っている)も鳥の被害に合ってから上にビニールを掛けた。
大きくなったので鍋に入れよう。
3月になったらジャガイモを植えなくてはと、着実に春に向かっているのを実感する。

2004年2月16日 (月)

カンアオイ


元清澄山でカンアオイの花を見つけた。
今迄、葉はいつも見るのに花には会えずに居た。
ちょっと奇麗とは言えないね、等と言ったので御機嫌損ねたのか、何枚も写真を撮ったのに、この1枚だけが奇麗で後はボケたりしてた、あ、それって単に私の腕が悪いだけ・・

2004年2月15日 (日)

大仏と紅梅


春1番の吹き荒れた土曜日、鋸山へ出かけた。
北側から登り始めたので、風の影響は受けず、頂上ではそろそろ来たかと思う程度だった。
大仏の下では紅梅が奇麗、白梅も奇麗に咲いている所も有る。
紅葉の時とは別の趣が有った。
車は、保田の駅近くの海水浴場の駐車場に置いて、電車で浜金谷まで行ったので、山から降りて車の所へ行く迄の、特に海に出てからの風の強さに参った。
砂が顔に当ると痛い。

2004年2月 9日 (月)

結婚式


土曜日に、義弟の所の結婚式が加古川で有った。
義弟に初めて会ったのは、20才位の頃だろうか、食べ盛りで、大量のチャーハンもぺろりと食べる所が、男兄弟の居ない私には可愛かった。
5人兄妹の末っ子で、幾つになっても、特に上の兄、姉たちから○○坊と呼ばれていた。
披露宴では、しっかり親の顔、いつまでも20才の頃のままの気持ちでいる私にも感慨深かった。



2004年2月 3日 (火)

房総の先端へ


1月はおばあちゃんが86才になり、娘の誕生日も有った。
特別のお祝もしなかったので、遅ればせとドライブと食事に行く。
海を見ながらの御飯は美味しく頂いた。
館山から、白浜、千倉へ行き、野島崎灯台を散策してから、お目当ての花畑へ。
一面に奇麗に咲いている。
ストック、キンギョソウ、キンセンカ、キク、ポピーと色とりどり。
楽しかったねぇ~、来年も来ようねと約束する。
おばあちゃんには長生きして貰いたいと思う。

写真の左にうっすらと灯台が写っている。
海岸線の岩も奇麗だった。

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »